プロメテウス級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロメテウス級
Prometheus class
登場(最初) VOY「プロメテウスの灯を求めて」
(Message in a Bottle)
登場(最後) VOY「道は星雲の彼方へ」
Endgame
所属 宇宙艦隊
就役 宇宙暦50749.5(2373年)
概要
最高速度 ワープ9.99
攻撃システム フェイザー
光子および量子魚雷
防御システム 再生式シールド
アブレーティブ装甲
多方向攻撃モード
推進システム インパルス・ドライブ
ワープ・ドライブ
テンプレートを表示

プロメテウス級(Prometheus class)は『スタートレック』シリーズに登場する架空の宇宙船。

惑星連邦所属、宇宙艦隊のスターシップである。

概要[編集]

USSプロメテウス (NX-59650[1]) はネームシップである。

対ボーグ用に開発された最新鋭艦で、戦闘能力に長けており、多方向攻撃モード(multi-vector assault mode)を備える。VOYエピソード『プロメテウスの灯を求めて』では、ロミュラン艦ウォーバード2隻を難なく撃沈している。円盤部は連邦艦には珍しい三角柱状で、その能力を表すような戦闘的フォルムが艦の特徴である。

多方向攻撃モードとは、艦をαセクション(第一船体)、βセクション(第二船体)、γセクション(第三船体)の3つに分離し、それぞれが連携して目標を攻撃する機能である。多方向攻撃モードが終了すると、各セクションは再び合体してもとの形態になる。

各セクションはワープナセルを装備しており、分離したままでもワープ航行ができるため、ワープ中の戦闘にも対応する。ワープナセルは、αセクションは円盤部左右に一対と分離時のみ起動する収納型のものが上下に一対の合計四基、βセクションとγセクションは各一対ずつを装備する。

防御システムについても再生式シールド(regenerative shield)、アブレーティブ装甲(ablative armor hull)[2]と、建造時点の最新技術を使った強力なものである。

艦内にはホログラムドクターマーク2が装備され、ホログラムがどこでも活動できるよう、艦内の至る所にホロエミッターが備え付けられている。これにより、ロミュラン人による乗っ取り事件の際、ヴォイジャーから転送されたホログラムドクターとプロメテウスが装備するマーク2はともに艦内を縦横無尽に移動することができ、事件を解決に導いた。

VOY最終話において、ボーグのトランスワープネットの出口である時空の裂け目が地球付近に出現した際、防衛の為招集された18隻の宇宙艦の中にプロメテウスが確認できる。

ストーリー的にも多方向攻撃モードやロミュランとの戦闘、『プロメテウス乗っ取り事件』の解決後、ホログラムドクターがヴォイジャーより派遣されて来た事や、ヴォイジャーとクルーが生存しα宇宙域に向けて帰還の途である事を艦隊司令部に報告すると言ったメモリアルな展開があった為、プロメテウスの印象は特に強い。

性能[編集]

最高速度 ワープ9.99

攻撃システム フェイザー、光子および量子魚雷

防御システム 再生式シールド

アブレーティブ装甲

多方向攻撃モード

プロメテウス級宇宙船一覧[編集]

U.S.S.プロメテウス(U.S.S.Prometheus NX-59650)
プロメテウス級の一番艦。ベータ・アンタレス造船所で建造され、宇宙暦50749.5に進宙。地球暦2374年、テストフライト中にロミュラン人に乗っ取られクルーは全員殺害されたが、ドクターと転送乗艦したヴォイジャーのドクターがロミュラン人を無力化し、奪還した。
U.S.S.ギャレット(U.S.S.Garrett)
地球暦2409年にドレイロン星系に侵攻して来たウンディーネ艦隊を迎撃した宇宙艦隊の1隻。「Star Trek Online」に登場。

その他[編集]

エンタープライズ(NX-01)の艦長ジョナサン・アーチャーが26世紀にタイムスリップした際に目撃したプロシオンVの戦いに参加していた船の一つは、プロメテウス級によく似ている(ENT「爬虫類族の攻撃」(Azati Prime))。

エンタープライズEのライカー大佐が昇格、配属されたUSSタイタンはプロメテウス級であるとされていたが、小説の"Star Trek: Titan"においてルナ級(Luna class)と設定された。(『ネメシス/S.T.X』)。

DS9ではUSSプロメテウスNCC-71201が登場するが、こちらはネビュラ級でありプロメテウス級とは関係ない。

脚注[編集]

  1. ^ 船体上面に表記されている艦隊登録番号はNX-59650であるが、船内のコンピュータディスプレイや記念銘板ではNX-74913となっている。
  2. ^ 融除装甲基板。未来のキャスリン・ジェインウェイがもたらした高度な物ではなく、ディファイアント級にも装備されている基礎的な物と思われる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]