プロペラヘッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロペラヘッズ(Propellerheads)は、イギリスビッグ・ビートユニット。

概要[編集]

メンバーはウィル・ホワイト(Will White)とアレックス・ギフォード(Alex Gifford)の2名。バンド名の由来は、海外のオタクの間のスラングであるPropellerheadであるとメンバーは語っている。

1996年にイギリスのレコードレーベル、ウォール・オブ・サウンドからデビューEPをリリース。1998年にリリースしたアルバム、『Decksandrumsandrockandroll』が世界各地のシーンでヒットした。同アルバムは『女王陛下の007』テーマ曲をリメイクした「On Her Majesty's Secret Service」、『マトリックス』で使用され世界中で著名になった「Spybreak!」、iPodの広告キャンペーン曲として用いられた「Take California」を収録している。

「History Repeating」においては『007 ゴールドフィンガー』、『007 ダイヤモンドは永遠に』、『007 ムーンレイカー』などボンド映画の主題歌で知られるシャーリー・バッシーをボーカルとして迎え、プロペラヘッズとしては珍しい声楽曲となった。この曲は映画『 メリーに首ったけ』やイギリスのトーク番組『So Graham Norton』で使用された。『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』においてはデヴィッド・アーノルドとのスコア「Backseat Driver」(BMWでのチェイスシーン)が映画のサントラ版に収録されている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Dive EP (1996年)
  • Propellerheads EP (1997年)
  • Decksandrumsandrockandroll (1998年)
  • Extended Play EP (1998年)

シングル[編集]

  • Take California (1997年)
  • Spybreak! (1997年)
  • History Repeating (1997年)
  • On Her Majesty's Secret Service (1997年)
  • Bang On! (1998年)
  • Crash! (1998年)
  • Velvet Pants (1998年)
  • Take California And Party (1999年)