プロパルギルアルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロパルギルアルコール
Propargyl alcohol.svgプロパルギルアルコールの空間充填モデル
IUPAC名 2-プロピン-1-オール
分子式 C3H4O
分子量 56.06
CAS登録番号 [107-19-7]
形状 無色透明の液体
密度 0.9715 g/cm3, 液体
融点 -48~-52 °C
沸点 114~115 °C
SMILES C#CCO

プロパルギルアルコール (propargylalcohol) とは、アルキンを含む最も単純なアルコールである。IUPAC名は2-プロピン-1-オール (2-propyn-1-ol)。

性質[編集]

プロパルギルアルコールは無色透明で粘性のある液体で、極性のある有機溶媒に溶けるが炭化水素溶媒には溶けない。ゼラニウムの芳香がある。プロパルギルアルコールは加熱または塩基の作用で重合する。空気中で加熱すると重合反応が起こり黒変してしまうため、常圧蒸留は不活性気体中で行われる。

用途[編集]

腐食防止剤、金属錯体の溶媒、溶媒の安定剤、電気メッキの添加物として使われる。また有機合成化学において中間体として使われる。

参考文献[編集]

  • Merck Index, 11th Edition, 7819.

関連項目[編集]