プロトン・Gen-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロトン・Gen-2
Proton Gen.2 (front), Serdang.jpg
Proton Gen.2 (rear), Serdang.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 直4 1.3L S4PE
直4 1.6L S4PH
変速機 4AT/5MT
駆動方式 FF
ホイールベース 2,600mm
車両重量 1,190kg
-自動車のスペック表-

プロトン・Gen-2は、マレーシアの自動車メーカー、プロトンによって製造されるハッチバック車である。

概要[編集]

2004年第3四半期ウィラの後継車として発売。1990年代中期の三菱自動車工業プラットフォームをベースとし、ロータスと共同開発したプラットフォームが使用される。

なお、このプラットフォームはペルソナにも用いられ、サトリアネオにもホイールベースを短縮されたものが使用されている。

プロトンとロータスが共同開発したカンプロエンジンを最初に搭載し、エンジンは直列4気筒 1.3L S4PE型と1.6L S4PH型エンジンの2種類が搭載され、5速マニュアルトランスミッションまたは4速オートマチックトランスミッションが組み合わせられた。なお、当初は1.3L車にはマニュアルトランスミッションのみが用意されていた。

2005年、1.3L車にオプションとしてオートマチックトランスミッションを設定。

2007年12月、タイでフェイスリフトモデルを発表。CPSエンジンを搭載した。

2008年3月3日、マレーシアにおいてマイナーチェンジ。フェイスリフトが施されたほか、カンプロCPSエンジンを搭載し、トルクが向上された。フロントグリル・フロントバンパーやリアスポイラーなどのデザインが変更されたほか、ダッシュボードのデザインも変更された。

車名の由来[編集]

「Gen-2」は「Generation 2(2代目)」の略で、ウィラの後継車であることを意味する。

外部リンク[編集]