プロトカテク酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロトカテク酸
識別情報
CAS登録番号 99-50-3 チェック
PubChem 72
特性
化学式 C7H6O4
モル質量 154.12014
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

プロトカテク酸(プロトカテクさん、protocatechuic acid)は、ポリフェノール抗酸化剤の一つ。in vitroまたはin vivoにおいて、通常の細胞および癌細胞との混合効果を有する[1]。ヒト白血病細胞および、ヒトの口腔内から取られる悪性HSG1アポトーシスを誘導することが報告されているが[2]TPA-誘導型マウス皮膚腫瘍との混合効果を持つことが分かっている。プロトカテク酸の量と塗布する時間により、腫瘍の成長を減退もしくは増進させることができる[3]。また、神経幹細胞を増殖させ、そのアポトーシスを阻害することが報告されている[4]

代謝[編集]

生合成酵素
分解酵素

脚注[編集]

  1. ^ Lin HH, Chen JH, Huang CC, Wang CJ. (June 2007). “Apoptotic effect of 3,4-dihydroxybenzoic acid on human gastric carcinoma cells involving JNK/p38 MAPK signaling activation.”. Int J Cancer. 120 (11): 2306–2316. doi:10.1002/ijc.22571. PMID 17304508. 
  2. ^ Babich H, Sedletcaia A, Kenigsberg B (November 2002). “In vitro cytotoxicity of protocatechuic acid to cultured human cells from oral tissue: involvement in oxidative stress”. Pharmacol. Toxicol. 91 (5): 245–253. doi:10.1034/j.1600-0773.2002.910505.x. PMID 12570031. http://www.blackwell-synergy.com/openurl?genre=article&sid=nlm:pubmed&issn=0901-9928&date=2002&volume=91&issue=5&spage=245. 
  3. ^ Nakamura Y, Torikai K, Ohto Y, Murakami A, Tanaka T, Ohigashi H (October 2000). “A simple phenolic antioxidant protocatechuic acid enhances tumor promotion and oxidative stress in female ICR mouse skin: dose-and timing-dependent enhancement and involvement of bioactivation by tyrosinase”. Carcinogenesis 21 (10): 1899–1907. doi:10.1093/carcin/21.10.1899. PMID 11023549. http://carcin.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=11023549. 
  4. ^ Guan S, Ge D, Liu TQ, Ma XH, Cui ZF (March 2009). “Protocatechuic acid promotes cell proliferation and reduces basal apoptosis in cultured neural stem cells”. Toxicology in vitro : an international journal published in association with BIBRA 23 (2): 201–208. doi:10.1016/j.tiv.2008.11.008. PMID 19095056.