プロスタグランジン-Dシンターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
prostaglandin-D synthase
Protein PTGDS PDB 2WWP.png
ヒトのプロスタグランジン-D2シンターゼ
識別子
EC番号 5.3.99.2
CAS登録番号 65802-85-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

プロスタグランジン-Dシンターゼ(Prostaglandin-D synthase、EC 5.1.99.2)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

(5Z,13E)-(15S)-9α,11α-エピジオキシ-15-ヒドロキシプロスタ-5,13-ジエノアート\rightleftharpoons(5Z,13E)-(15S)-9α,15-ジヒドロキシ-11-オキソプロスタ-5,13-ジエノアート

従って、この酵素の1つの基質は(5Z,13E)-(15S)-9α,11α-エピジオキシ-15-ヒドロキシプロスタ-5,13-ジエノアート、1つの生成物は(5Z,13E)-(15S)-9α,15-ジヒドロキシ-11-オキソプロスタ-5,13-ジエノアート(プロスタグランジンD2)である。

この酵素は異性化酵素、特に分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、(5,13)-(15S)-9α,11α-エピジオキシ-15-ヒドロキシプラスタ-5,13-ジエノアート Δ-イソメラーゼである。その他よく用いられる名前に、prostaglandin-H2 Delta-isomerase、prostaglandin-R-prostaglandin D isomerase、PGH-PGD isomerase等がある。

2012年3月、アメリカの科学者が、この酵素はオスの禿のきっかけとなることを発見した[1]。この発見によると、頭皮の禿の部分に位置する毛包細胞でこの酵素のレベルが上昇するが、髪の生えている部分では上昇しない。この研究により、禿の治療薬ができる可能性がある。

構造[編集]

2007年末時点で、この酵素の7個の構造が解明されている。蛋白質構造データバンクのコードは、1IYH1IYI1PD21V402CZT2CZU及び2E4Jである。

出典[編集]

  1. ^ Garza, L. A.; Liu, Y.; Yang, Z.; Alagesan, B.; Lawson, J. A.; Norberg, S. M.; Loy, D. E.; Zhao, T. et al. (2012). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3319975 “Prostaglandin D2 Inhibits Hair Growth and is Elevated in Bald Scalp of Men with Androgenetic Alopecia”]. Science Translational Medicine 4 (126): 126ra34. doi:10.1126/scitranslmed.3003122. PMC 3319975. PMID 22440736. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3319975.  編集
  • Christ-Hazelhof E, Nugteren DH (1979). “Purification and characterisation of prostaglandin endoperoxide D-isomerase, a cytoplasmic, glutathione-requiring enzyme”. Biochim. Biophys. Acta. 572 (1): 43–51. PMID 32914. 
  • Shimizu T, Yamamoto S, Hayaishi O (1979). “Purification and properties of prostaglandin D synthetase from rat brain”. J. Biol. Chem. 254 (12): 5222–8. PMID 109431. 
  • Sri Kantha,S. Prostaglandin D syntha (beta-trace protein) - a molecular clock to trace the origin of REM sleep? Medical Hypotheses, 1997; 48: 411-412.