プログレッシブ・ブルーグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プログレッシブ・ブルーグラスとは、ブルーグラスの二大サブジャンルのひとつである。ニュー・グラス・リバイバルのメンバー、イボ・ウォーカーによる用語「ニュー・グラス」としても知られている。ジョン・ハートフォード・ニュー・グラス・リバイバル・J. J. クロウニュー・サウスディラーズブーン・クリークカントリー・ガゼットそしてセルダム・シーンといったミュージシャンやバンドがこのジャンルにて革新のさきがけとなった。一部のグループは電気楽器の使用や他ジャンル、とりわけロックンロールからの歌の取り込みをはじめた。プログレッシブ・ブルーグラスは1960年代後半と1970年代に盛んになった。しかし元をたどればアール・スクラッグスがまさにFoggy Mountain Boys初期に演奏していたバンジョーベースのデュエットにさかのぼることが出来る。プログレッシブ・ブルーグラスの要素を際立たせる4つの秘訣が、しばしば電気音楽やドラム・ピアノなどを含む楽器編成、ジャズのような他のジャンルからの様式の模倣ないし歌の取り込み、非伝統的和音進行、そして長ったらしい「ジャムバンド」スタイルの即興演奏である。ただし必ずしもこれら全ての要素がプログレッシブ・ブルーグラスに含まれているというわけではない。

今日、プログレッシブ・ブルーグラスはバンド形式にて演奏され続けている。革新的グループとしてはニッケル・クリークヤンダー・マウンテン・ストリング・バンドCrooked Stillストリング・チーズ・インシデントそしてレイルロード・アースが挙げられる。NedFestテルライド・ブルーグラス・フェスティバルなどのミュージック・フェスティバルとともに、沢山の年長ニュー・グラスミュージシャンがプログレッシブ・ブルーグラスの継続した人気を深めるのに尽力した。

関連項目[編集]