プログレッシブ・ブルーグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プログレッシブ・ブルーグラス (progressive bluegrass) とは、ブルーグラスのサブジャンルの一つである。 ニュー・グラス・リバイバル英語版のメンバー、イボ・ウォーカーによる用語「ニュー・グラス」(new grass) としても知られている。

ジョン・ハートフォード英語版、ニュー・グラス・リバイバル、J・D・クロウ英語版ニュー・サウス英語版ディラーズ英語版、ブーン・クリーク、カントリー・ガゼットそしてセルダム・シーン英語版といったバンドミュージシャンがこのジャンルの先駆けとなった。

プログレッシブ・ブルーグラスが盛んになったのは1960年代後半から1970年代にかけてのことだが、 元を辿ればアール・スクラッグス英語版がまさにFoggy Mountain Boys初期に演奏していたバンジョーベースのデュエットに遡ることができる。

それ以前のブルーグラスにない、プログレッシブ・ブルーグラスの際立った要素として、ジャズロックのような他ジャンルの様式の取り込み、すなわち電気楽器やドラムピアノなどの持ち運びできない楽器の導入、伝統的でないコード進行、そして「ジャムバンド」スタイルの長尺の即興演奏などがある。

今日、プログレッシブ・ブルーグラスはバンド形式にて演奏され続けている。主要なグループとしてはニッケル・クリーク英語版ヤンダー・マウンテン・ストリング・バンド英語版クルキッド・スティル英語版ザ・ストリング・チーズ・インシデントそしてレイルロード・アース英語版などが挙げられる。

NedFestテルライド・ブルーグラス・フェスティバル英語版などのミュージック・フェスティバルとともに、沢山のニュー・グラス・ミュージシャンがプログレッシブ・ブルーグラスの継続した人気を深めるのに尽力した。


主なミュージシャン[編集]

関連項目[編集]