プレゼンテーション層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OSI参照モデル
7 アプリケーション層  
6 プレゼンテーション層
5 セッション層
4 トランスポート層
3 ネットワーク層
2 データリンク層
1 物理層

プレゼンテーション層(プレゼンテーションそう : Presentation layer)とは、OSI参照モデルにおける七階層の内の第六層である。プレゼンテーション層はアプリケーション層からのサービス要求に応じ、またセッション層に対してサービス要求を行う。

プレゼンテーション層は、より一層の処理または表示をするためにアプリケーション層への情報の配布と書式の整形に対する責任が有る。それは、エンド・ユーザ・システム内部のデータ表現について、アプリケーション層が構文の違いを意識しなくても良いようにする。注意: プレゼンテーション・サービスの一例としては、EBCDICコードのテキストファイルASCIIコードのファイルへ変換する事が挙げられる。

概要[編集]

プレゼンテーション層は、単なる1と0の束より更に高い次元で送信する事について、人々が意識し始める最初のものである。この層はどのように文字列が表されるか、例えばPascal言語(整数のデータ長領域の後に指定されたバイト数が続く)方式を使うかそれともC/C++言語(NULL文字で終端された文字列、つまり"thisisastring\0")方式を使うか、といった問題を取り扱う。その意図は、アプリケーション層が動かされるデータを指し示せるべきという事であり、またプレゼンテーション層はその後の事を取り扱うであろう。

アプリケーション層セッション層トランスポート層、またはネットワーク層でも暗号化できるがそれぞれ一長一短が有り、典型的にはこの層でも暗号化される。もう一つの例は、この水準で通常標準化される構造をしばしばXMLを用いて表している。[1]文字列のような単純なデータ部分はもちろんの事、より複雑な事もこの層で標準化される。二つの一般的な例は、オブジェクト指向プログラミングでの'オブジェクト'と、ストリーミングビデオが転送される正確な方法である。

広く用いられる多くのアプリケーションとプロトコルにおいて、プレゼンテーション層とアプリケーション層は区別されない。例えば、一般にアプリケーション層プロトコルと見なされるHTTPは、適切な変換をするため文字コードを識別するというプレゼンテーション層の側面が有り、その後、それはアプリケーション層の中で行われる。

プレゼンテーション層サービスの一覧[編集]

副層[編集]

プレゼンテーション層は二つの副層から成る:

  • CASE (Common Application Service Element)
  • SASE (Specific Application Service Element)

CASEアプリケーション層のサービスとプレゼンテーション層からの要求サービスを提供する。CASEは以下のような一般のアプリケーションへサービスへの対応を提供する:

  • ACSE (Association Control Service Element)
  • ROSE (Remote Operation Service Element)
  • CCR (Commitment Concurrency and Recovery)
  • RTSE (Reliable Transfer Service Element)

SASEは以下のような特定アプリケーションのサービス(プロトコル)を提供する

  • FTAM (File Transfer, Access and Manager)
  • VT (Virtual Terminal)
  • MOTIS (Message Oriented Text Interchange Standard)
  • CMIP (Common Management Information Protocol)
  • JTM (Job Transfer and Manipulation) a former OSI standard
  • MMS (Manufacturing Messaging Service)
  • RDA (Remote Database Access)
  • DTP (Distributed Transaction Processing)

[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (原文)Another example is representing structure, which is normally standardised at this level, often by using XML.