プレストン・クレイボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プレストン・クレイボーン
Preston Claiborne
ニューヨーク・ヤンキース #38
Preston Claiborne on May 22, 2013.jpg
2013年5月22日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ダラス
生年月日 1988年1月21日(26歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト17巡目(全体535位)でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 2013年5月5日 オークランド・アスレチックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

プレストン・マイケル・クレイボーン(Preston Michael Claiborne, 1988年1月21日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロ野球選手投手)。MLBニューヨーク・ヤンキース所属。

経歴[編集]

2006年に、MLBドラフト23巡目(全体680位)でピッツバーグ・パイレーツから指名されたが、チューレーン大学に進学した。2007年から2010年の在学期間で84試合にリリーフとして登板した。

2010年に、MLBドラフト17巡目(全体535位)でニューヨーク・ヤンキースに指名されプロ入り。A-級スタテンアイランド・ヤンキースで19試合に登板し、1勝2敗2セーブ、防御率2.28だった。8月にA+級タンパ・ヤンキースへ昇格。5試合に登板し、0勝1敗、防御率3.68だった。

2011年はA+級タンパで38試合に登板し、3勝7敗5セーブ、防御率3.11だった。

2012年はAA級トレントン・サンダーで30試合に登板し、2勝2敗5セーブ、防御率2.22だった。6月にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースへ昇格。20試合に登板し、4勝0敗1セーブ、防御率4.05だった。

2013年は開幕をAAA級スクラントン・ウィルクスバリで迎えたが、5月3日にヤンキースとメジャー契約を結んだ[1]5月5日オークランド・アスレチックス戦でメジャーデビュー。同点の6回表から登板し、2回を無安打無失点に抑えた。この年は44試合に登板し、0勝2敗、防御率4.11だった。

2014年3月26日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ異動し、開幕をAAA級で迎えた。4月20日にメジャーへ昇格。同日のタンパベイ・レイズ戦では、同点の延長11回裏から登板。2回を1安打無失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた[2]。4月24日にAAA級へ降格した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Bryan Hoch (2013年5月3日). “Yanks bring up Claiborne to bolster 'pen”. MLB.com. 2014年4月21日閲覧。
  2. ^ GAMEDAY / Yankees 5, Rays 1”. MLB.com (2014年4月20日). 2014年4月21日閲覧。
  3. ^ Bryan Hoch (2014年4月24日). “Billings, Greene called up to provide bullpen depth”. MLB.com. 2014年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]