プレシャス・モーメンツ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プレシャスモーメンツ・インク
Precious Moments, Inc.
種類 コーポレーション
略称 PMI(ピーエムアイ)
本社所在地 アメリカ合衆国
4101 Chapel Rd.
Carthage, MO 64836
USA
設立 2005年
業種 販売会社
代表者 ジョン・ブッチャー(Chairman)
決算期 12月31日
関係する人物 サム・ブッチャー(創案者)
外部リンク www.preciousmoments.com
テンプレートを表示

プレシャス・モーメンツ: Precious Moments, Inc.)は、2005年に設立されたアメリカの企業。

概要[編集]

プレシャス・モーメンツは1970年代、アメリカのイラストレーター、サム・ブッチャーの落書きから産まれた。それら落書をもとに多数の企業が商品を開発・販売。主力商品は1977年から2005年までアメリカのエネスコ社(: Enesco, Corp.)が販売していた商品が代表的。2005年にPMIは販売会社として、ミズーリ州知事事務所へ登記改変をした。

ブッチャーは1988年には絵を描くことを止め、著作権保護とライセンス配布のため、1989年Precious Moments, Inc.(PMI)を設立。PMIの収益をもとに同年、サム・ブッチャーはアメリカ・ミズーリ州のカーセージ(: Carthage, MO)に自営業のチャペルを設立。直径40メートルの巨大なからくり式の噴水、レストラン、売店、ホテルなど一大レジャーランドを建設。当時は商品のコレクターでにぎわったが、2005年のエネスコ社の経営破綻からPMIの収入が激減し、カーセージの施設は一部を除き閉鎖された。

企業としてのプレシャス・モーメンツ[編集]

当時、サム・ブッチャーはキリスト教関係のフリーマーケットや展示ショーで、自作のカード等を友人のビル・ビール(: Bill Biel)とともにジョナサン・アンド・デイビッド(: Jonathan & David)という会社を設立し、細々と販売していた。そもそもは、家族や親戚にクリスマスカードに自分で絵を描いて贈っていたのが始まりだった。[1]

1975年にフリードマン(: Eugene Freedman)と出会い、1977年にエネスコによる販売業務が決定してからも、プレシャス・モーメンツ商品はジョナサン・アンド・デイビッドが販売元となっていた。しかし1986年、ブッチャーとビールは私情の縺れからジョナサン・アンド・デイビッド社を解散。フリードマンのエネスコ社が公式に販売元となる。同じ頃、サムは自分の私的資産と知的財産を保護するためにサム・ブッチャー・基金(: Sam Butcher Foundation)とプレシャス・モーメンツ・インクを設立した。[2]

それから20年、プレシャス・モーメンツ陶器人形の売上はどんどん伸び続けたが、1997年にピークを迎え、売上はどんどん落ちていった。ついに2004年にはエネスコがPMIに対し、1,500万ドルの著作権使用に対する支払いが出来ないことを表明した。エネスコはPMIに著作権料値下げの交渉を試みるが交渉は決裂、経営破綻に追い込まれる。2005年4月、エネスコはプレシャス・モーメンツ商品の販売を停止した。

参考資料[編集]

  1. ^ About Sam Butcher”. Best Wishes of Boca. 2005年6月3日閲覧。
  2. ^ Martin, Laura C; Jones, Carolyn (Photographer) (Jan. 1, 1977). Precious Moments Last Forever. Abbeville Press. ISBN 0896600831.