プレイ・イット・アゲイン・サム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プレイ・イット・アゲイン・サム
(Play It Again Sam)
設立 1983年
設立者 ケニー・ゲイツ
ミシェル・ランボー
ベルギーの旗 ベルギー
本社所在地 ブリュッセル
公式サイト http://www.playitagainsam.net/

プレイ・イット・アゲイン・サム (Play It Again Sam) は、1983年ベルギーブリュッセルで設立されたインディペンデントレコードレーベルである。現在はPIASエンタテインメント・グループのレコードレーベル部門であるPIASレコーディングスの傘下レーベルとなっている。また、本社はイギリスロンドンに移されているが、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダ、スペイン、そしてアメリカにもオフィスを構えており、ローカルアーティストを対象としたA&Rも行われている。

歴史[編集]

1983年にケニー・ゲイツ (Kenny Gates) とミシェル・ランボー (Michel Lambot) によってベルギーで設立される。レーベルの最初の作品として1984年にザ・レジェンダリー・ピンク・ドッツ英語版のEP『Faces in the Fire』をリリースし、その後も他の多数のアーティストの作品を矢継ぎ早にリリースした。

プレイ・イット・アゲイン・サムは初期はフロント242英語版ミート・ビート・マニフェスト英語版ザ・ヤング・ゴッズ英語版といったEBMインダストリアルの作品のリリースで知られている。後にはニュー・ファスト・オートマティック・ダフォディルズ英語版ムース英語版ソウルワックス/2ManyDJ's、モグワイといったアーティストのリリースも行った。

2000年、レーベルは本社をブリュッセルからロンドンに移転し、PIASレコーディングス ([PIAS] Recordings) と改名する。

2011年1月10日、PIASレコーディングスは「プレイ・イット・アゲイン・サム」レーベルの再開を発表した[1]

現行アーティスト[編集]

過去にリリースしたアーティスト[編集]


脚注[編集]

  1. ^ Andy Gensler (2011年1月10日). “U.K.-Based [Pias] Recordings Relaunches Play It Again Sam Label”. ビルボード. 2014年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]