プル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プル川
延長 389 km
水源の標高 -- m
平均流量 1,040 /s
流域面積 112,000 km²
河口・合流先 カラ海
流域 ロシアの旗 ロシア
テンプレートを表示

プル川(プルがわ、英語: Purロシア語: Пур)はロシア西シベリア低地北部を流れるである。長さは389km、流域面積は112,000平方kmにおよび、流域一帯はヤマロ・ネネツ自治管区に属する。

概要[編集]

プル川はピャクプル川(Пякупур)とアイヴァセダプル川(Айваседапур)の合流地点から始まる。ピャクプル川を本流として河川延長に含める場合もあり、この場合は長さ1,024kmとなる。流域のツンドラ地帯には85,000のがあり、総面積は11,000平方kmに達する。プル川は11月から5月まで凍結し、雪解け時には増水する。河口からピャクプル川・アイヴァセダプル川の合流点まですべて航行可能である。

プル川はオビ川河口で、北極海カラ海の一部であるオビ湾の東側にある、タゾフスカヤ湾という細長い三角江に流入する。タゾフスカヤ湾はタズ川の河口が形成する湾で、プル川の河口はタズ川河口の数km西にある。

プル川流域には天然ガス石油資源が豊富である。ウレンゴイ・ガス田およびグブキン油田・ガス田が代表的であり、1970年代以降石油開発のための街が誕生し、道路鉄道も建設された。

外部リンク[編集]