プルデンシオ・カルドナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プルデンシオ・カルドナ
基本情報
階級 フライ級
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
誕生日 1951年12月22日(62歳)
出身地 コロンビアの旗 コロンビア
San Basilio de Palenque
プロボクシング戦績
総試合数 64
勝ち 40
KO勝ち 27
敗け 23
引き分け 1
テンプレートを表示

プルデンシオ・カルドナPrudencio Cardona、男性、1951年12月22日 - )は、コロンビアプロボクサー。身長168cm。元WBC世界フライ級王者。

WBA世界ジュニアフェザー級王者リカルド・カルドナは実弟。

来歴[編集]

1972年コロンビア代表としてミュンヘンオリンピックボクシングライトフライ級に出場し、1回戦敗退。

1973年11月2日、コロンビアでプロデビュー。

1978年3月10日、元WBA世界フライ級王者アルフォンソ・ロペスと対戦し、10回判定勝ち。

1978年6月30日、のちのWBA世界フライ級王者ルイス・イバラと対戦し、10回判定勝ち。1979年2月17日、イバラと再戦し、10回判定負け。

1979年5月15日、のちのIBF世界ジュニアフェザー級王者李承勲と対戦し、10回判定負け。

1982年3月20日、WBC世界フライ級王者アントニオ・アベラルに挑戦し、1回KO勝ち。世界王座初挑戦にして王座を獲得した。弟リカルドに遅れること4年で兄弟世界王者となった。

1982年7月24日、初防衛戦でフレディー・カスティーリョと対戦し、15回判定負けで王座から陥落した。

1984年9月15日、WBA世界フライ級王者サントス・ラシアルに挑戦し、10回KO負けで王座獲得ならず。

1992年6月27日の試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アントニオ・アベラル
第18代WBC世界フライ級王者

1982年3月20日 - 1982年7月24日

次王者
フレディー・カスティーリョ