プルキニェ現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プルキニェ現象Purkinje PhenomenonPurkinje effectプルキニエ現象プルキンエ現象とも言う)は19世紀のチェコ生理学ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェが解明したことから名付けられた、視感度がずれる現象である。

網膜の視細胞で感知しているが、明るい場所ではが鮮やかに遠くまで見え、青は黒ずんで見える。一方、暗い場所ではが鮮やかに遠くまで見えるのに対して、赤は黒ずんで見える。これは、桿体と呼ばれる視細胞の働きによるもので、人の目は暗くなるほど青い色に敏感になる。

防犯のために活用する動きも見られる。奈良県警イギリスグラスゴーの防犯対策に倣い(ただし、グラスゴーでは当初景観改善のために導入された)、奈良市で青色街路灯を導入し一定の効果をあげたため、奈良市以外でも天理市生駒市など県北部の都市を中心に導入を進めている。現在は兵庫県においても多数採用されている。

関連項目[編集]