プリン代謝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

多くの有機体プリンの合成および分解の代謝経路を持つ。

合成[編集]

プリンはヌクレオチド塩基リボース-5-リン酸に結合したもの)として生化学的に合成される。その関与段階はアミドホスホリボシルトランスフェラーゼである。

アデニンとグアニンはヌクレオチドのイノシン一リン酸(IMP)から誘導される。この経路はグリシングルタミンアスパラギン酸テトラヒドロ葉酸から転換されたギ酸塩を使う複雑な経路で、既存のリボース-リン酸上で起こる。

GMP[編集]

AMP[編集]

分解[編集]

食物由来のプリンはいくつかの酵素によって分解される。

グアニン[編集]

アデニン[編集]

サルベージ[編集]

食物の核酸から分解されたプリンは新しいヌクレオチドとしてサルベージされ、再利用される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]