プリンセス・ジュリアナ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリンセス・ジュリアナ国際空港
Princess Juliana International Airport
American 757 on final approach at St Maarten Airport.jpg

06-SXM-airport1s.jpg
IATA:SXM-ICAO:TNCM
概要
国・地域 シント・マールテンの旗 シント・マールテン
設置場所 セント・マーチン島
空港種別 公共
運営者 Princess Juliana Int'l Airport Holding Company N.V.
標高 4 m・13 ft
位置 北緯18度2分38秒
西経63度6分48秒
座標: 北緯18度2分38秒 西経63度6分48秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
09/27 No 2,433×45 舗装
リスト
空港の一覧

プリンセス・ジュリアナ国際空港英語: Princess Juliana International Airport)は、カリブ海オランダ自治領シント・マールテンセント・マーチン島南半部)にある国際空港である。大型旅客機がビーチ上の低空を通過して着陸することで知られている。

歴史[編集]

元々は1942年に軍用滑走路として開設されたが、翌1943年に民間空港に転用され現在に至る。空港の名称は、当時のオランダ王女ユリアナ(1948年に即位してユリアナ女王となる)に由来する。

長らく小さな旅客ターミナルでの運用が行われていたが、2006年11月10日に新旅客ターミナルがオープンした。

特徴[編集]

シント・マールテン(セント・マーチン島のオランダ領側)唯一の国際空港である。なお、面積88Km²のこの島の北半分はフランス領(サン・マルタン)となっており、フランス領側には小規模なグランカーズ・エスペランサ飛行場がある。

マクドネル・ダグラスMD-11ボーイング747クラスのワイドボディ大型旅客機が、エメラルドブルーのカリブ海に面するマホ・ビーチ上空から滑走路端のビーチを高度20m-30m程度で通過しながら着陸する光景は、セント・マーチン島の観光名所として大変有名である。滑走路長はわずか2433mで、ボーイング747-400エアバスA340など3~4発エンジンを持つ大型旅客機の離着陸には短距離で、滑走路端を低空通過する必要がある。他空港では同様の場合、離着陸そのものが制限される場合が多い。滑走路に並行した誘導路がないために、マホ・ビーチ側から着陸した旅客機は、滑走路端にあるターニングパッドをUターンしてエプロンへ戻る。滑走路端にマホ・ビーチがあり計器着陸装置(ILS)は設置できないが、距離測定装置(DME)や無指向性無線標識(NDB)は設置されている。

ビーチでは飛行機が離陸する際の「後方気流」が体感できるが、1日10回程度離陸する大型飛行機の場合は大変危険で、「離着陸時の後方気流で重傷を負ったり命を落とす場合もある」との注意喚起看板が掲示されている。

ヒストリーチャンネルにおいて、「世界で最も危険な空港」第4位に選ばれている[1]

注意の看板

航空会社[編集]

プリンセス・ジュリアナ国際空港に着陸する航空機のビデオ映像

今後の計画[編集]

同空港は開港から70年近くが過ぎ、所々で老朽化が進んでいる。そこで同空港は近代化改修工事を行ない、アップグレードを図る計画が組まれている。主な内容として、滑走路の修復や新しい誘導路の新設、駐機場増設やエプロンの拡大が挙げられている[2][3]。また空港全体が拡張できるよう、土地買収も行なわれる。

脚注[編集]

  1. ^ Top ten most extreme airports 2014年7月24日閲覧
  2. ^ SXM Airport opens public tender process for new concessions
  3. ^ Some Airport Changes Are Coming to St. Maarten By Guest Writer, on January 14th, 2013 at 9:41 am

関連項目[編集]

外部リンク[編集]