プリンスジョージ郡 (バージニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バージニア州プリンスジョージ郡
Prince George County Courthouse.jpg
プリンスジョージにあるプリンスジョージ郡庁舎
プリンスジョージ郡の位置を示したバージニア州の地図
郡のバージニア州内の位置
バージニア州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1703年
郡庁所在地 プリンスジョージ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

730 km2 (282 mi2)
689 km2 (266 mi2)
41 km2 (16 mi2), 5.76%
人口
 - (2010年)
 - 密度

35,725人
48人/km2 (124人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.princegeorgeva.org

プリンスジョージ郡: Prince George County)は、アメリカ合衆国バージニア州の南東部に位置するである。2010年国勢調査での人口は35,725人であり、2000年の33,047人から8.1%増加した[1]郡庁所在地国勢調査指定地域プリンスジョージ(人口2,066人[2])であり、同郡に法人化された町は無く、人口最大の町はやはり国勢調査指定地域で軍事基地でもあるフォートリー(人口3,393人[3])である。

プリンスジョージ郡はリッチモンドピーターズバーグ地域の中のピーターズバーグ市を中心とするトリシティーズ地域にあり、都市圏としてはリッチモンド大都市圏に属している。

歴史[編集]

プリンスジョージ郡は1703年に、バージニア植民地チャールズシティ郡から分離して設立された。郡名はイギリス女王アンの夫であり、ジョージ・オブ・デンマークと呼ばれたカンバーランド公ジョージに因んで名付けられた。

これに先立つ1619年、バージニア植民地が設立した「ボロ」4つの1つとして「チャールズシティ」が作られていた。チャールズシティ郡の初代郡庁舎は、ジェームズ川沿い、ウェストーバーとシティポイントにあった。1624年にバージニア会社がその認証を失い、バージニアは王室領植民地となった。

1634年、イングランドチャールズ1世の命令で、「チャールズシティ・シャイア」が作られた。1643年にはチャールズシティ郡となり、1634年に作られ、現在まで実質的にその政体を続けている5つのシャイアの1つと見なされている。

チャールズシティ、チャールズシティ・シャイア、チャールズシティ郡は全てジェームズ川の両岸にあり、ジェームズ川が17世紀を通じてバージニア植民地の主要な交通路になった。チャールズシティ郡当初の中心都市がチャールズシティポイントであり、ジェームズ川がアポマトックス川と合流する点の南にあった。その名前は後に短縮され、シティポイントとなった。

1703年、チャールズシティ郡のジェームズ川南の地域が分離されてプリンスジョージ郡となり、その後幾つかの郡が生まれた。シティポイントは後にプリンスジョージ郡の法人化町となった。1923年、シティポイントは独立市のホープウェルに併合された。

地理[編集]

プリンスジョージ近郷のブランドン、撮影年不明

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は282平方マイル (730 km2)であり、このうち陸地266平方マイル (688 km2)、水域は16平方マイル (42 km2)で水域率は5.76%である[4]。郡の北西隅は独立市のホープウェルやピーターズバーグに近く、フォートリーはその郊外部にあるが、その他の郡域は農業と製材業に使われる田園部である。

交通[編集]

州間高速道路95号線と同295号線が郡内を通り、アメリカ国道301号線が南北に、同460号線が東西に走っている。バージニア州道10号線がジェームズ川南岸を通り、ジェームズ川プランテーションの幾つかの近くを抜けている。

貨物列車をCSXトランスポーテーションが運行しており、ピーターズバーグでノーフォーク・サザン鉄道と接続している。1850年代にウィリアム・マホーンが建設した元ノーフォーク・アンド・ピーターズバーグ鉄道の、ピーターズバーグとサフォーク間の直線鉄道線52マイル (83 km) が、ノーフォーク・サザン鉄道体系の重要な部分となっている。近くにはノーフォーク・サザン鉄道の自動車積み替え施設がある。将来的には鉄道とトラックの大規模インターモーダル輸送施設を建設する計画がある。

主要高規格道路[編集]

  • I-95.svg 州間高速道路95号線
  • I-295.svg 州間高速道路295号線
  • US 301.svg アメリカ国道301号線
  • US 460.svg アメリカ国道460号線
  • Virginia 10.svg バージニア州道10号線
  • Virginia 106.svg バージニア州道106号線
  • Virginia 156.svg バージニア州道156号線

隣接する郡と独立市[編集]

国立保護地域[編集]

  • ジェームズ川国立野生生物保護区
  • ピーターズバーグ国立戦場跡公園(部分)

経済[編集]

主要雇用主[編集]

プリンスジョージ郡の2009年包括的財務報告書に拠れば、市内の主要雇用主は次の通りである[5]

順位 雇用主 従業員数
1 アメリカ合衆国国防総省 1,000+
2 プリンスジョージ郡 1,000+
3 フード・ライオン 500-999
4 アメリカ合衆国司法省 500-999
5 スタンダード・モーター・プロダクツ 250-499
6 アメリカ陸軍 250-499
7 リバーサイド地域監獄 250-499
8 パーデュー・ファームズ 250-499
9 アメリカ合衆国陸軍省アメリカ空軍 250-499
10 エース・ハードウェア 100-249

郡政府[編集]

郡内に中心となる都市や町は無い。プリンスジョージという住所を使うプリンスジョージ郡庁舎が郡政府の中心である。選挙で選ばれる委員で構成される郡政委員会が統治し、郡管理官が日々の管理を行っている。

警察組織[編集]

プリンスジョージ郡は主にプリンスジョージ郡警察署とプリンスジョージ郡保安官事務所が法執行を行っている。その任務は州法と地方条例の執行である。保安官事務所の主たる任務は裁判所の安全保障と刑事、民事事件の書類管理である。第二の任務として州法の執行における警察署の支援もある[6]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1790 8,173
1800 7,425 −9.2%
1810 8,050 8.4%
1820 8,030 −0.2%
1830 8,367 4.2%
1840 7,175 −14.2%
1850 7,596 5.9%
1860 8,411 10.7%
1870 7,820 −7.0%
1880 10,054 28.6%
1890 7,872 −21.7%
1900 7,752 −1.5%
1910 7,848 1.2%
1920 12,915 64.6%
1930 10,311 −20.2%
1940 12,226 18.6%
1950 19,679 61.0%
1960 20,270 3.0%
1970 29,092 43.5%
1980 25,733 −11.5%
1990 27,394 6.5%
2000 33,047 20.6%
2010 35,725 8.1%

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 33,047人
  • 世帯数: 10,159 世帯
  • 家族数: 8,096 家族
  • 人口密度: 48人/km2(124人/mi2
  • 住居数: 10,726軒
  • 住居密度: 16軒/km2(40軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.1%
  • 18-24歳: 13.6%
  • 25-44歳: 33.3%
  • 45-64歳: 20.8%
  • 65歳以上: 7.3%
  • 年齢の中央値: 32歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 117.0
    • 18歳以上: 120.9

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 41.9%
  • 結婚・同居している夫婦: 63.5%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 12.2%
  • 非家族世帯: 20.3%
  • 単身世帯: 17.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 5.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.76人
    • 家族: 3.11人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 49,877米ドル
    • 家族: 53,750米ドル
    • 性別
      • 男性: 37,363米ドル
      • 女性: 26,347米ドル
  • 人口1人あたり収入: 20,196米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 8.0%
    • 対家族数: 6.5%
    • 18歳未満: 11.4%
    • 65歳以上: 8.3%

[編集]

郡内に法人化された町は無い。下記リストは国勢調査指定地域を含め未編入の町である。

  • バーローズビル
  • ディスプタンタ
  • フォートリー(軍事基地)
  • ゲーリーズビル
  • ジョーダンポイント
  • ニューボヘミア

プリンスジョージ郡は独立市のピーターズバーグ、ホープウェル、コロニアルハイツ各市に近接し、リッチモンド・ピーターズバーグ地域(リッチモンド大都市圏)のトリシティーズ地域にあると見なされている。他に5つの郡に接している。

教育[編集]

  • プリンスジョージ高校
  • クレメンツ・ジュニア高校
  • J・E・J・ムーア中学校
  • ハリソン小学校
  • ノース小学校
  • サウス小学校
  • L・L・ビーズリー
  • W・A・ウォルトン小学校

その他[編集]

  • 小さな町のディスプタンタは、鉄道建設者のウィリアム・マホーンとその教養ある妻オテリア・バトラー・マホーンが名付けたと言われている。二人はスミスフィールド出身であり、トリシティーズ地域の著名で特徴ある性格を持った人物と見なされてきた。ウィリアム・マホーン(ニックネームはリトル・ビリー)は、南北戦争クレーターの戦いで英雄となり、後にはピーターズバーグ市長、アメリカ合衆国上院議員となり、バージニア州立大学創設に貢献した。
  • 裕福なプランテーション所有者で奴隷を所有し、熱心な分離主義者だったエドマンド・ラフィンは、サムター要塞の戦いで最初の一発を放った人物とされている。これが南北戦争の始まりとなった。プリンスジョージ郡の住民である。
  • ホープウェル市憲章に記された文章によって、市が接するアポマトックス川岸の一部はプリンスジョージ郡内にある。チェスターフィールド郡からホープウェル市に架かる州道10号線のチャールズ・ハーダウェイ・マークス橋はプリンスジョージ郡の水域のみに掛かっており、そのことが標識に表示されている。この橋は元跳ね橋であり、1935年12月22日のバス事故で13人が死んだことで知られている[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度11分 西経77度13分 / 北緯37.19度 西経77.22度 / 37.19; -77.22