プリモス・ブレゼッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリモス・ブレゼッチ
Primoz Brezec
ヴィルトゥス・ローマ  No.12
Primož Brezec 2009.jpg
名前
本名 プリモス・ブレゼッチ
ラテン文字 Primoz Brezec
スロベニア語 Primož Brezec
基本情報
スロベニアの旗 スロベニア
誕生日 1979年10月2日(34歳)
出身地 ユーゴスラビア連邦スロベニア
ポストイナ
身長 216cm
体重 116kg
選手情報
ポジション センター
背番号 12
ドラフト 2000年 27位
代表歴
キャップ スロベニアの旗 2003年-2006年
経歴
1998-2001
2001-2004
2004-2007
2007-2008
2008
2008-2009
オリンピア・リュブリャナ オリンピア・リュブリャナ
インディアナ・ペイサーズ インディアナ・ペイサーズ
シャーロット・ボブキャッツ シャーロット・ボブキャッツ
デトロイト・ピストンズ デトロイト・ピストンズ
トロント・ラプターズ トロント・ラプターズ
ヴィルトゥス・ローマ ヴィルトゥス・ローマ

プリモズ・ブレゼッチPrimoz Brezec1979年10月2日 - )はスロベニアのプロバスケットボール選手。イタリア男子プロバスケットボールリーグセリエAの名門ヴィルトゥス・ローマに所属している。ユーゴスラビア連邦スロベニアポストイナ出身。ポジションはセンター。身長216cm、体重114.3kg。

経歴[編集]

スロベニア時代[編集]

ポストイナで生まれ育ったブレシェックは地元チームKraski Zidarで活躍した。また高校時代はリーグのスター選手として知られた。卒業後の1998年から、スロベニアプロリーグのKK Union Olimpijaに在籍。2001年にNBA入りするまで所属した。

NBA[編集]

2000年NBAドラフトにおいて、インディアナ・ペイサーズに全体27位指名を受けた。翌年の2001年にNBAでのキャリアをスタートさせた。ペイサーズでの3シーズンは主に控えでの出場。また満足な出場時間を得られることができず、3シーズンでわずか62試合の出場に留まっている。

2004年、シャーロット・ボブキャッツの誕生によりエクスパンション・ドラフトが実施された。ブレシェックはペイサーズにプロテクト(保有)してもらえることができず、その後ボブキャッツに指名を受けて移籍が決まった。2004-2005シーズンは出場した72試合全てで先発出場を果たした。チームは初年度というだけあり苦戦を強いられたが、ブレシェックの個人成績は上昇。平均13.0得点、平均7.4リバウンドを記録した。2005-06シーズンも79試合全て先発出場だった。平均出場時間が減ったことなどから、成績も微減したが(平均ターンオーバー数も微減)、今やチームにとって欠かせないインサイドプレイヤーに成長している。

2006年日本で開催されたバスケットボール世界選手権ではスロベニア代表として出場した。ファイナルラウンド1回戦でトルコに敗れたが、ブレシェックは大会通算で平均11.8得点、平均6.5リバウンドの好成績を記録した。しかしNBAの2006-07シーズンは世界選手権の疲労の影響か、満足な出場時間が得られなかったり欠場が目立ち、スタッツは昨季を大きく下回った。

プレイスタイル[編集]

216cmという長身ながら、ヨーロッパ人選手特有の「ミドルシュートも打てる」タイプ。3Pラインの内側なら、どの場所からもシュートの選択ができる。フリースローもキャリア通算7割以上を誇っている。ディフェンス面においてはボブキャッツ初年度こそ平均7.4リバウンドを記録したが、翌年は調子の波が激しく成績が下降。長身に似合わずブロックショットは得意にしていない。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]