プリマス (モントセラト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリマス
Plymouth
ヘリコプターから見たプリマスの眺め。2006年7月撮影。
ヘリコプターから見たプリマスの眺め。2006年7月撮影。
位置
プリマス の位置図
歴史
建設 1783年以降
廃墟化 1997年
創設者 イギリス(国)
行政
イギリスの旗 イギリス
 教区 セント・アンソニー
プリマス
人口
人口 2012年1980年>現在)
  市域 0 <1,478>人
その他
等時帯 UTC-4
噴火当時の様子。降灰で町は灰色っぽい。この数週間後、町は火砕流に襲われた。

プリマス(Plymouth)とは、カリブ海に浮かぶイギリスモントセラトの首都である。しかし、火山噴火で大損害を被ってからは首都機能もなく、廃墟と化している。

プリマスはモントセラト島の南西に位置し、火山の山がちな島の南部にある。 モントセラトの主都だが、町のすぐ近くにあるスフリエール山(967m)が1995年に噴火し、1997年の2度目の噴火によりプリマスは壊滅的な被害が出た。このためモントセラトの臨時首都として火山噴火の影響がほとんどない、島北部にブレイズを設置した。現在、街はゴーストタウンとなっている。

噴火前の人口は4,000人以上で、重要な東カリブ上での船の停泊地の1つだった。綿柑橘類ラム酒などを輸出。噴火前はクルーズ船による観光客もいた。しかし噴火後は事実上人口は0人となり、産業や観光などはまったく行われていない。

18世紀に造られたセント・ジョージ砦がある。

最初、モントセラト島にはイギリス及びアイルランドからの入植者がいたが(モントセラトの紋章に描かれた女性の服の「緑色」、「ハープ」は共にアイルランドの象徴)、フランス軍の侵攻により、1782年島を占領。そしてフランスによりプリマスは築かれた。翌年の1783年にイギリスとの条約によりイギリスの領有が確定し、プリマスはイギリスが築いた。プリマスの町並みはイギリス風である。

関連項目[編集]