プリブノーボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリブノーボックス (Pribnow box) とは、真正細菌遺伝子において、RNAポリメラーゼによる転写開始位置の上流10塩基対の位置にみとめられる共通塩基配列のこと。-10領域あるいは-10ボックスとも呼ばれ、また、真核生物同様TATAボックスと呼ばれることもある。遺伝子の転写において、プロモーターとして機能し、RNAポリメラーゼの結合位置を規定する配列といわれている。

具体的な配列としては、

5'-tataat-3'

の6塩基対から成る配列となっている。 なお、大腸菌の各種遺伝子における塩基配列の共通の程度はつぎの通り。[1]

T A T A A T
82% 89% 52% 59% 49% 89%

真核生物(及び古細菌)における、TATAボックスに相当する。

References[編集]