プリフェッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリフェッチ(prefetch)、事前読込み(じぜんよみこみ)は、コンピュータで、将来に利用が予測されるデータを予め、より高速なメモリに読み込んでおき、性能の向上を図る動作である。

例として次のようなものがある。

アプリケーションにおいて、予め利用されると予測されるデータを読み出しておくこともある。例として、ウェブブラウザにおけるリンクプリフェッチ(en:Link prefetching)(Mozilla以降等)がある。ユーザの操作に対する応答時間を短縮する事を狙う。この場合、一方では通信回線ネットワークサーバの負荷増大も招く。また、ストリーム再生アプリケーションなどシーケンシャルなデータを扱う場合にもプリフェッチは有効である。しかしGoogle chromeなど一部のブラウザではプリフェッチを行うと前述の負荷増大を招きやすく、却ってリクエスト処理に時間がかかってしまい、ブラウザが半ば固まってしまうような状態となる場合も少なくないため、必ずしもプリフェッチが有効であるとは言い切れない。