プリアーポス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プリアポスから転送)
移動: 案内検索
プリアーポス
プリアーポス

プリアーポス古希: Πρίαπος, Priāpos)とは、ギリシア神話における牛飼い、庭園および果樹園の守護神で生殖と豊穣を司る、男性の生殖力の神である。日本語では長母音を省略してプリアポスとも表記される。

ディオニューソスアプロディーテーまたはニュンペーの間に生まれたとされるが、他にもゼウスまたはアドーニスとアプロディーテー[1]ヘルメースとアプロディーテーの間に生まれたという説もある[2]。また、ディオニューソスの従者でもある[2]

アトリビュート果物と巨大な陰茎

概要[編集]

主に農業従事者に信仰された神で、もとはアナトリア半島のラムプサコスという地方で豊穣の神として崇められていたが、アレキサンダー大王の遠征を期にギリシア全土に信仰が広まる。

古代ローマでも「プリアープス」(Priapus)の名で信仰されるが、プリアーポスの名はしばしば陰茎の隠喩として使われ、さらに侮辱語としても用いられることがあった。カリグラ帝はしばしば、部下のカッシウス・カエレアを「プリアーポス」と呼んで侮辱したと伝えられる。

ギリシア神話に組み込まれてからは、果樹の守り神として、あるいは庭園の守り神として信仰され、果樹園や庭園にその神像が置かれた。護符としてのプリアーポスの神像は、豊かな実りを嫉妬する者からの邪視を防ぐと考えられていた。

この神の神像はしばしば陰茎そのものの形であらわされることがある。

出典[編集]

  1. ^ 『ギリシア・ローマ神話辞典』218頁。
  2. ^ a b 『ギリシア・ローマ神話事典』438頁。

参考資料[編集]

  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、岩波書店(1960年)
  • マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル『ギリシア・ローマ神話事典』、大修館書店(1988年)

関連項目[編集]

  • セックス - 古代ローマではセックスはウェヌス(あるいはプリアーポス)からの贈り物とされた。