プラハ学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラハ学派(プラハがくは)は、ソシュールと関連づけられる構造主義言語学の一学派である。また、意味を区別する機能を持つ「対立」という概念を中核にして言語分析が展開されていることから、もっとも初期の機能主義言語学とも呼ばれている(小泉 1971)。

概要[編集]

1926年10月チェコ言語学者ヴィレーム・マテジウスが発起人となり発足した。参加した言語学者は、ボフスラフ・ハヴラーネクヤン・ムカジョフスキーB・トルンカJ・ヴァヘックM・ヴァインガルトらがいた。このサークルの『論集』に寄稿した学者には、オランダデ・グロートドイツ哲学者心理学者カール・ビューラーユーゴスラヴィアA・ベリーチイギリスD・ジョーンズフランスルシアン・テニエールエミール・バンヴェニストアンドレ・マルティネがいた。特筆すべきは、セルゲイ・カルツェフスキーロマン・ヤコブソンニコライ・トルベツコイと言ったロシアの言語学者がサークル活動に加わったことである。このサークルの活動より音韻論が生まれた。

プラハ学派(プラーグ学派)の最大の貢献は、音韻論の分野においてである。プラハ学派の音韻論は、音声機能の体系性を記述することが最大の使命であった。音声の相違は意味(機能)の相違であるという原理から出発する。その意味の区分を決定するものが、音韻的な「対立」であり、これを根本的な概念として研究が進められている。

例:pin/bin, pin/pen

上のそれぞれのペアは、それぞれが/p/と/b/の音、/i/と/e/の音で異なっており、他の点では共通である。二つの音声の相違も互いに対比させて見ればわかるので、区別というのは対立に基づいていると言うことができる。例のように、対立する音声の相違が、意味の違い(機能の差異)に関与している場合、このような音声の対立を「音韻的示差」または「関与的対立」(phonological distinctive/relevant opposition)という。

代表的な言語学者[編集]

参考文献[編集]

  • 小泉保(1971)「ヨーロッパの音韻論-プラーグ学派音韻論」『英語学大系 第1巻 音韻論I』1971年、大修館書店。