プラット・アンド・ホイットニーJT3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラット・アンド・ホイットニーJT3Dは、プラット・アンド・ホイットニーが開発したターボファンエンジン。ターボファンエンジン としては初期のものであり、1958年JT3C ターボジェットエンジンを改良してできたものである。これまで1959年-1985年までに8,000基以上が生産された。アメリカ空軍の制式記号TF33としても知られ、軍用機にも用いられている。

概要[編集]

1959年ボーイング707720用向けに発注が開始された。アメリカン航空はJT3Dを搭載したB707、KLMオランダ航空はJT3Dを搭載したDC-8をそれぞれ注文した。初期のB707はJT3C ターボジェットエンジンを搭載していたが、騒音が大きく、燃費も悪かった。そのため、経済性を要するエアラインでは高性能なターボファンエンジンの登場が望まれていた。1961年3月12日、JT3D搭載のB707-123とB720-023は、アメリカン航空に同日に運行を開始した。次に開発されたB707-300シリーズは、JT3D ターボファンのみの注文だった[1]

KC-135Aは、J57(JT3C)ターボジェットエンジンを搭載しており、数機が試験的にTF33に換装している。その後、1980年代の近代化計画により160機がJT3D(アメリカ軍名称:TF33-PW-102)に換装し、型式名がKC-135Eに変更され、空軍州兵などに配備された[1]

旧式化したJT3Dは、性能が不十分で騒音が大きいことからNATOE-3エンジンを換装する要因の一つになっている。より高性能なCFMインターナショナル CFM56 エンジンに換装することにより、運用性が高まる。同様の動きはイギリス空軍フランス空軍サウジアラビア空軍などにあり、他の国にも広がりつつある。

JT3D(TF33)を搭載する機体にB-52H爆撃機がある。 B-52Hは、TF33を8基(2機1組で4つのパイロンで翼下に装着)使用している。数度も運用期間延長のたび、電子機器などの改修とともにエンジン換装(主に高バイパスターボファンジェットエンジンによる四発化)の構想は出たことがあるものの、実現されていない。

搭載機[編集]

仕様 (TF33-PW-7)[編集]

一般的特性

構成要素

性能


バリエーション[編集]

JT3D-3
出力18,000lb(80.1kN)。民間用。
TF33-P-3
出力17,000lb(75.6kN)。B-52H用。
TF33-P-5
出力18,000lb(80.1kN)。KC-135用。
TF33-P-7
出力21,000lb(93.4kN)。C-141用。
TF33-P-11
出力16,000lb(71.2kN)。WB-57F用。

脚注[編集]

  1. ^ a b Tony Pither, The Boeing 707 720 and C-135, Air-Britain (Historians), 1998, ISBN 0 85130 236 X