プラット・アンド・ホイットニーF119

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テスト中のF119エンジン

プラット・アンド・ホイットニー F119(Pratt & Whitney F119) は、アメリカ合衆国の航空用エンジンメーカー、プラット・アンド・ホイットニー社が開発したアフターバーナー付きのターボファンエンジンである。

構成[編集]

本エンジンの構成概略を前方から順に示す。

  • 低圧ファン部:3段
  • 高圧圧縮機部:6段
  • アニュラ型燃焼器部
  • 高圧タービン部:1段
  • 低圧タービン部:1段
  • 再燃装置部
  • 推力偏向ノズル部

上記にケーシング類とFADECやAGBといった補機類が加わる。

高圧タービンブレード後のタービンノズルを省いて直後に逆向きに回転する低圧タービンブレードを配置している。つまりファンを含めて低圧部と高圧部は逆回転している。

高圧タービン部ではローター一体型の単結晶超合金製タービンブレードに、電子ビーム蒸着法によるセラミックスの遮熱コーティングを採用している。F-22では本エンジンのFADECがFCSと協調して働き、推力偏向ノズルを含めてエンジンと機体に関わる数百もの要素を自動的に調整する。

本エンジンのノズルはノズル面積の拡大・縮小が行えるだけでなく2次元推力偏向式であり上下に±20度可変となっている[出典 1][出典 2]

F-22への採用[編集]

米国製のF-22 ラプター 戦闘機は、F119-PW-100を2基装備している。

F119はミリタリー推力が大きく、バイパス比が極めて小さいターボファンであり、これらがF-22に超音速巡航を可能としている。

またF119の派生型であり、後にF135と改称されたJSF119は、西側諸国で共同開発中のF-35 ライトニングII 戦闘機用のエンジンとなっている。

主要目[編集]

ファン
推力偏向パドル

一般的特性

構成要素

性能



出典[編集]

  1. ^ Pratt & Whitney "Overview of F119"
  2. ^ 防衛技術ジャーナル編集部 『航空機技術のすべて』 (財)防衛技術協会、2005年10月1日初版第1刷発行、ISBN 4990029801

脚注[編集]

  1. ^ [1].
  2. ^ Factsheets : Pratt & Whitney YF119-PW-100L Augmented Turbofan
  3. ^ a b Military Jet Engine Acquisition, RAND, 2002.
  4. ^ F-22 Raptor fact sheet. USAF, March 2009.

外部リンク[編集]