プラズマ切断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラズマ切断機

プラズマ切断(プラズマせつだん)とは、プラズマ化した酸素空気母材に直接吹き付けることにより、瞬時に母材を溶解させ切断する方法である。プラズマジェットと呼ばれることもある。

吹き付けられた場所の温度は数万℃にも達する。その構造上、水中でも充分な威力で使用できる。主に、ガス溶断を適用することができないステンレス鋼アルミニウム合金の溶断の他、軟鋼の高速切断にも用いられている。

構造[編集]

コップの底に穴を開けたものにふたをした形の電極である。この2つは絶縁されている。

電極に数万ボルトの電界をかけ気体を吹き込むと、その電界で気体がイオン化して穴から噴出する。


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]