プラサムットチェーディー郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯13度34分7秒 東経100度33分42秒 / 北緯13.56861度 東経100.56167度 / 13.56861; 100.56167

プラサムットチェーディー郡
位置画像
プラサムットチェーディー郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอพระสมุทรเจดีย์
サムットプラーカーン県
地理番号 1105
郵便番号 10290
統計
面積 120.4 km2
人口 70,025 人 (2000年)
人口密度 582 人/km2
行政
テンプレートを表示

プラサムットチェーディー郡プラサムットチェディとも)はタイ中部・サムットプラーカーン県にある郡(アンプー)の一つ。

名称[編集]

「プラ」とは高貴なあるいは聖なる人格、物に冠する称号。「サムット」とは「海」、「チェーディー」とは「仏塔」の事である。これは郡内にあるプラ・サムットチェーディー(写真)に由来する名称である。

歴史[編集]

タイランド湾からチャオプラヤー川に上がってくるとき通過する地点で、アユタヤ王朝時代からの要所であった。パークナム事件の舞台でもある。ラーマ2世は上流のプラプラデーンに海港を建設した後、宗教的な目的で1827ないし8年、パゴダを建設した。これがプラ・サムットチェーディーである。これは現存しており、サムットプラーカーン県の県章にもなっている。

1893年に海の前哨として、チュラチョームクラオ要塞が設置された。長くサムットプラーカーン市の行政区分の中にあったが、1984年12月15日サムットプラーカーンから分郡として独立[1]。1991年7月15日に郡に昇格した[2]

地理[編集]

チャオプラヤー川に面し、川にはピースアサムット島と呼ばれる中州がある。またチャオプラヤー川の河口がある。郡内には運河が網の目のように巡らされている。また、海側はエビの養殖地が広がる。

交通は、国道303号線(スックサワット通り)が北に延びておりバンコク方面とつながっているほか。県庁所在地であるサムットプラーカーンとは船でつながっている。また国道3243号線(クローンサッパサーミット通り)が西に延びており、サムットサーコーン方面と通じている。

経済[編集]

郡内の主な産業は漁業や、農業である。農業ではココヤシやマンゴーなどの果物が作られている。また漁業ではエビの養殖が盛んである。

行政区分[編集]

プラサムットチェーディー郡は5のタムボンに分かれ、さらにその下位に42の村(ムーバーン)がある。自治体(テーサバーン)が設置されており以下のようになっている。

  • テーサバーンタムボン・プラサムットチェーディー・・・タムボン・パーククローンバーンプラーコット全体
  • テーサバーンタムボン・レームファーパー・・・タムボン・レームファーパー、タムボン・タムボン・ナイクローンバーンプラーコットの一部

以下は郡内のタムボンの一覧である。

  1. タムボン・ナークルア・・・ตำบลนาเกลือ
  2. タムボン・バーンクローンスワン・・・ตำบลบ้านคลองสวน
  3. タムボン・レームファーパー・・・ตำบลแหลมฟ้าผ่า
  4. タムボン・パーククローンバーンプラーコット・・・ตำบลปากคลองบางปลากด
  5. タムボン・ナイクローンバーンプラーコット・・・ตำบลในคลองบางปลากด

脚注[編集]

外部リンク[編集]