プラケリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラケリアス属 Placerias
プラケリアス
プラケリアス想像図
地質時代
三畳紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
亜目 : 異歯亜目 Anomodontia
下目 : ディキノドン下目 Dicynodontia
: カンネメエリア科 Kannemeyeriidae
: プラケリアス属 Placerias
学名
Placerias
1904
  • P. gigas
  • P. gigus
  • P. hesternus模式種

プラケリアス (Placerias) は中生代三畳紀後期ノール期の2億2,100万 - 2億1,000万年前に生息していた草食単弓類(旧「哺乳類型爬虫類」)の絶滅した。単弓綱・獣弓目異歯亜目ディキノドン下目に属する。カンネメエリア科の最後期のメンバーの一つであり、かれらが絶滅したことで、現オーストラリアに存在した僅かな遺存種[1]を除いて、ディキノドン類は姿を消している。

形態[編集]

P. hesternus プラケリアス・ヘステルヌス

最大で体長約3.5m[2]、体重は1tを超すとされる。首や四肢は頑丈であり、胴体は樽型であった。ディキノドン類の特徴の一つとして発達したが挙げられるが、このでは上顎犬歯が縮小した代わりに顎骨が前下方へと突出、置き換わっている。カンネメエリア科全体に顎骨が突出する傾向があったが、犬歯と置き換わったのはこの属のみである。しかし、何故こういった進化が起きたのかは不明である[3]

生態[編集]

化石であった場所から多く発見されていることから、氾濫原に生息し、現生のカバなどと同様の半水生の生物であったとされる。あるいはポストスクスなど陸生の捕食者から身を守るためであった可能性もある。おそらく食物は若い葉や芽など。また、牙の摩耗状態から、これを使って根茎などを掘り出して食べていたとされる。他のディキノドン類同様多数の化石が固まって発見されている事から、おそらくは群れで生活していたと推定されている[2]

分布[編集]

北アメリカ大陸でのみ化石が発見されている。模式種 P. hesternusアリゾナ州リトルコロラド川で発見された上腕骨を元に記載されている。その後、カリフォルニア大学バークレー校チャールズ・L・キャンプ (Charles_Lewis_Camp) とサミュエル・ポール・ウェルズ (Samuel_Paul_Welles) により[4]、同川流域アリゾナ州セント・ジョーンズ近くの堆積岩中から、旱魃時に死んだと推定される[2]P・ギガス (P. gigas) の40体以上もの化石が発見されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ThulbornとTurnmer (2003) / 平山廉 『カメのきた道』 116頁
  2. ^ a b c 『よみがえる恐竜・古生物』 68頁
  3. ^ 『哺乳類型爬虫類 : ヒトの知られざる祖先』 180 - 181頁
  4. ^ 『哺乳類型爬虫類 : ヒトの知られざる祖先』 179 - 180頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]