プファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケン(Pfalz-Birkenfeld-Zweibrücken)は、現在のドイツラインラント=プファルツ州にあった、ツヴァイブリュッケン周辺に基盤を置いた神聖ローマ帝国領邦の一つである。

プファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケンは、1731年プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルトクリスティアン3世ツヴァイブリュッケン公国を相続したことに始まる。クリスティアン3世は程無くして1735年に死に、息子のクリスティアン4世が後を継いだ。クリスティアン4世は自らの領国の政治的好条件を獲得したことで統治を開始し、これが終わるとフランス王国の宮廷との関係を深めた。クリスティアン4世は錬金術、絵画の収集、作品の製造、ツヴァイブリュッケン陶磁器産業を試みて失敗し、領国経営を破綻したにもかかわらず、1775年の死後に後を継いだ甥のカール3世アウグスト・クリスティアンと比較して良き公爵と見做されている。

カール3世は絶対君主政主義者として統治を始め、最初の2年間は宮廷の解散と国家財政の状況の改善に努めた。カール3世は公室の規模を急激に拡大させたが、それはすぐに財政的重荷となり、人気を無くしていった。1778年から1779年にかけてのバイエルン継承戦争では、プロイセンザクセンが、プファルツ選帝侯カール・テオドールが獲得したバイエルン選帝侯領オーストリア領ネーデルラントを交換する案を阻止したことで、カール・テオドールの相続人であるカール3世の利益のために戦ったことになった。カール3世も交換に反対していたからである。

フランス革命が起きるとカール3世はフランス革命政府に対して中立政策を取ろうと努めたが、フランス革命政府は1795年にツヴァイブリュッケンを侵略、併合し、カール3世はマンハイム、後にハイデルベルク=ロクルバッハに逃れた。1795年のカール3世の死後、弟のマクシミリアン・ヨーゼフが跡を継いだ。1797年にプファルツ=ビルケンフェルト=ツヴァイブリュッケンは正式にフランスに吸収されたが、2年後にマクシミリアン・ヨーゼフはバイエルン選帝侯を継承した。

名前

統治期間

備考

クリスティアン3世 1731年 - 1735年 プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト公
クリスティアン4世 1735年 - 1775年
カール3世アウグスト・クリスティアン 1775年 - 1795年
マクシミリアン・ヨーゼフ 1795年 - 1797年 バイエルン国王