プノン・バケン寺院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プノン・バケン寺院(Phnom Bakheng)は、カンボジアにあるアンコール遺跡の1つ。アンコール・ワット寺院の北西1,300m、アンコール・トムの南400mに位置する丘プノン・バケン(バケン山)の上に建つヒンドゥー教寺院[1]10世紀初頭、ヤショヴァルマン1世(在位889-910年)により建設された[2]。周囲の遺跡とともに世界遺産に登録されている。

Angkor Phnom Bakheng アンコール・プノンバケン DSCF4155.jpg
プノン・バケン全容
最上壇に建てられた5つの祠堂のひとつ
プノン・バケンから見る夕暮れ時のトンレサップ湖

概要[編集]

ヤショヴァルマン1世が遷都したヤショダラブラの都の中心として須弥山(メル山)を表し建造したと伝えられる、5層の基壇の最上壇に5つの祠堂をもつピラミッド型寺院。ヤショーダラブラは一辺4kmの環濠で囲まれ、アンコール・トム(一辺3km)よりもさらに大きかったという。標高67mの[3]プノン・バケンの頂上にあり、寺院の高さは約47m[2]。第1次アンコール王都の中心的寺院である。材質は砂岩が中心。自然の地形をうまく生かし建てられている。主祠堂は、アンコール遺跡のなかで最も高い位置に建つ。5層の基壇からなり、第1基壇は一辺76mである[2]。東西南北の各面にある階段の勾配は70度になり、そこに小塔およびシンハが並ぶ[2]。5層目となる最上段に5棟の祠堂があり、中央の大祠堂とその四辺にある中祠堂により構成されており、5つの祠堂は須弥山の5つの頂を示すともいわれる[2]。5層にはそれぞれ12棟の小祠堂が配され、最下段の周囲を取り囲むように44棟のレンガ造りの祠堂が配置される。インドネシアボロブドゥール遺跡との類似性が指摘される。

アンコール・ワットが見下ろせる唯一の場所でもあるとともに360°の展望がきき、市街地をはじめ東にアンコール・ワット、西に西バライトンレサップ湖、遠方にアンコール三聖山(ひとつはプノン・バケン)のプノン・ボック(標高247m[3])、プノン・クロム(標高137m[3])までが遠望できる。夕日のビューポイントになっており、夕方から多くの人でしばしのにぎわいを見せる。に乗って登ることも可能。ふもとの駐車場付近は常に観光地的な喧騒を呈する。

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

観光用のに乗っての登山も可能 
プノン・バケンの彫刻 
プノン・バケンからみる夕景 
夕日のビュー・ポイントであるため、夕刻には人だかりができる 
プノン・バケンより望む南部方面 

脚注[編集]

  1. ^ Rooney (2011) p. 322
  2. ^ a b c d e 石澤良昭 『アンコール・ワット』 講談社〈講談社現代新書〉、1996年、50-55頁。ISBN 4-06-149295-0
  3. ^ a b c 『アンコール遺跡の地質学』 盛合禧夫編、連合出版、2000年、111-112頁。ISBN 4-89772-155-5

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]