プストシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯56度20分 東経29度22分 / 北緯56.333度 東経29.367度 / 56.333; 29.367

プストシカロシア語: Пустошка, Pustoshka)は、ロシアプスコフ州南部にある町。州都プスコフからは南東へ191kmで、ヴェリーカヤ川流域の支流クルペヤ川とクルペイスコエ湖に沿って町が広がる。

モスクワリガを結ぶ鉄道および高速道路M9が通り、ヴェリーキエ・ルーキセーベジの中間に位置する。またサンクトペテルブルクネヴェリを結びベラルーシウクライナへ伸びる高速道路M20も通り、オポーチカネヴェリの間に位置する。

人口は2002年全ロシア国勢調査で5,509人。主な産業は製材や食品など。

プストシカはモスクワ・リガ間の鉄道の建設とともにできた集落で、1901年に開通した際には駅もできた。1925年には市の地位を得ている。第二次世界大戦では1941年7月16日から1944年2月27日までドイツ国防軍の占領下にあり、赤軍の第2バルト戦線により奪回された。

外部リンク[編集]