プジョー・404

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プジョー・404
404ベルリーヌ
Peu404vitfr.jpg
404リアビュー
Peu404vitrear.jpg
404クーペ
Peugeot 404 SL Coupe 1964.jpg
販売期間 1960年 - 1975年(国外生産は1988年まで続行)
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン 5ドアワゴン ピックアップトラック 2ドアクーペ 2ドアカブリオレ
エンジン 直列4気筒OHV ガソリンまたはディーゼル
変速機 4MT 3AT
駆動方式 フロントエンジン・リアドライブ
サスペンション 前・独立 マクファーソン・ストラット 後・固定 パナールロッド・コイル
全長 4,450mm
全幅 1,620mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,650mm
車両重量 1,070kg
先代 プジョー・403
後継 プジョー・504
-自動車のスペック表-

プジョー・404は、フランス自動車メーカー・プジョー1960年から1988年まで生産した中型乗用車である。

概要[編集]

初めてイタリアカロッツェリアピニンファリーナのデザインであることが公表されたプジョー車であり、[1]その名に恥じぬ流麗なスタイルはデビュー当時大きな評判となった。機構的にも先代のプジョー・403同様の手堅い設計[2]を継承しつつも大部分が新設計となり、初めてラジアルタイヤ標準装着を前提にコンプライアンスを与えて設計された新設計のサスペンションによる高度な操縦性と乗り心地のバランス、そして伝統的な耐久性が高く評価され、一般的にライフサイクルが長いプジョー車の中でも長期にわたって生産され、発展途上国への輸出やタクシーとしての過酷な使用には特に重宝された。

バリエーションとしては4ドアセダン、5ドアステーションワゴンピックアップトラックが主力であったが、1961年にはピニンファリーナ製の2ドアカブリオレ、翌1962年には2ドアクーペが追加され、両者はプジョーのトップモデルとして、1971年に後継車種504のクーペ・カブリオレが登場するまで存続した。

エンジンは1,468ccと1,600ccのガソリンと1,816ccと1,948ccのディーゼルで、前者には504が登場するまではクーゲルフィッシャー製機械式燃料噴射付きモデルも存在していた。長いライフサイクルの間、ガソリン車は66馬力~96馬力、ディーゼル車は55~68馬力の、少なくとも10種類の仕様が販売された。ギアボックスは4速コラムシフトが主力であったが、ZF製3速オートマチックも選択でき、クーペ・カブリオレはフロアシフトであった。

フランスでの生産は1975年で終了し、総生産台数は1,847,568台に達した。国外生産は発展途上国を中心に続行され、1988年に404が世界中のどこでも生産されなくなった時点での生産台数は2,885,374台に達した。

404はラリーカーとしても活躍し、1963・1966・1967・1968年にサファリラリーで優勝している。

日本には総代理店新東洋企業により、1960年代を通じてセダン・クーペ・カブリオレが輸入されたが台数は非常に少なかった。

その他[編集]

  • 2000年代、プジョー本国サイト「peugeot.com」で404 not foundページにこのクルマの画像が現れたことがあった。

参考文献[編集]

CAR GRAPHIC誌1972年4月号

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実際には前身のプジョー・403にもピニンファリーナの影響が見られる。
  2. ^ 1910年代末以来のウォームドライブ方式のデフギアや多数のグリースポイントなどを特徴とした。