プシュパ・ラル・シュレスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プシュパ・ラル・シュレスタ(Pushpa Lal Shrestha 1924年 - 1978年7月22日)はネパール政治家ネパール共産党創設者。少数民族ネワール族出身。

経歴[編集]

後にネパール共産党毛沢東主義派ネパール共産党統一毛沢東主義派議長となり一時首相を務めたプラチャンダ(本名、プスパ・カマル・ダハル)に影響を与えた。

妻のサハナ・プラダンは夫の死後プシュパ・ラル派を率い、紆余曲折を経て現在ネパール共産党統一マルクス・レーニン主義派に属し、一時外相を務め親日外交を展開した。