プエルトリコのスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プエルトリコのスポーツでは、アメリカ合衆国領(米国自治連邦区プエルトリコスポーツの歴史やスポーツ事情について解説する。

歴史[編集]

コロンブス以前[編集]

1492年以前(先コロンブス期)にプエルトリコに居住したタイノ族は、身体の強さや釣りの技術などを競う儀式的な一連のゲームをプレイした。しかしながら、これらのスポーツの中で最も重要な二つは、戦闘のシミュレーション(剣闘と同様の)と球技であった。彼らが「バテイ(Batey)」と呼んだ球技は村の中央に位置する球技場で行われた。これらの球技場は、三角形かU字型であった。ボールは野菜の葉で作られ、柔軟性があった。二つのチームが互いに対戦した。ゲームの目的は、ボールを一定に動かし続けることであった。プレイヤーたちは頭、肘、肩、膝を使用することができた。何らかの理由でボールの動きが止まった時にチームは点を失った。地面に印をつけてスコアにし、負けチームが一定量の点を受けて試合は終了した。勝者は英雄のように扱われ、敗者は生け贄にされた。最初のスペイン人入植者が到着した時までにゲームは変化した。バルトロメ・デ・ラス・カサス修道士によると、ゲームは以下の方法でされた。「ひとつのチームがボールをサーブし、他のチームが、手以外を使ってそれを返した。もしボールが肩の高さに達したら、それは稲妻のごとく返球された。それが地面の近くに来たときは、プレイヤーは急に地面に這い、臀部でボールを打った。プレイはエラーが出るまで交互に続いた」。1975年、プエルトリコカトリック大学のグアイニア考古学歴史ソサイエティの考古学者たち、サウスウエスト考古学ソサイエティのメンバーたちは、ポンセ(en:Ponce, Puerto Rico)の町の外れにあるティベスと呼ばれる地域で「Batey」の遺跡を発見したことを公言した。合計して9つの球技場が、西暦25年まで遡る生い茂った森の下に発見された。この地域は現在「Centro Ceremonial Indigena de Tibes(ティベス先住儀式センター、en:Tibes Indigenous Ceremonial Center)」として知られている。遺跡は現在観光地となり公開されている。遺跡で見つけられた人工物は展示されていて、遺跡の博物館とポンセ芸術博物館で見ることができる。

スペインの植民地時代[編集]

タイノ族は15世紀のスペインによるプエルトリコの植民地化で非常に苦しんだ。多くが残酷な扱いと疫病で死亡し、彼らの文化は破壊された。最初に島に居住したスペイン人は軍人(コンキスタドール)で、農夫と坑夫とその家族らが後に続いた。チームによるスポーツは実際にはほとんど聞かれなかったが、彼らが参加した他のタイプの競技とスポーツはあった。もっとも一般的なスポーツは競馬闘鶏、そしてドミノだった。最初の競馬のトラックは1887年にサンフアンに建設された。もっとも人気のあるスポーツのひとつは「Boliche(ボリチェ)」だった。男たちは町のプラザに集まり、木製のピンを打ち倒す目的で小さなボールを転がして遊んだ。ボリチェはボウリングと同様のものだった。もうひとつの人気のスポーツは闘牛で、ポンセとサンフアンの大都市に限定された。

近代[編集]

野球[編集]

19世紀後半の間、プエルトリコは組織化されたチームによるスポーツの導入を目撃することになった。野球の試合は、アメリカ合衆国で試合を学んだプエルトリコ人とキューバ人のグループによって最初に島に導入された。当初このスポーツは地方の新聞と一般の人々にはうまく受け入れられず、愚かなゲームとして見られていた。最初の二つの野球クラブは1897年に創設された。フランシスコ・アラモ・アルマスが所有するアルメンダレス野球クラブと、サントス・フィリッピが所有するボリンケン野球クラブだった。1898年1月11日の日刊紙「El Pais」によると、プエルトリコでの最初の組織化された野球の試合は、サンフアン市サントゥルセのPda.15にあった古い競輪場で行われた。ボリンケン軍がアルメンダレス軍を3対0で破った。完全な9イニングまで行われた最初の試合は、1898年1月30日に行われ、ボリンケン軍はまたも9対3のスコアでアルメンダレス軍を破った。

米西戦争でアメリカ合衆国がスペインを破ってから、プエルトリコはアメリカの領地となった。プエルトリコに駐留したアメリカ軍兵士は、気晴らしのため、地元のクラブと試合をする野球クラブを組織することを許可された。1900年11月4日、プエルトリコ人とキューバ人から成るアルメンダレス野球クラブは、第2歩兵連隊のアメリカン野球クラブを32対18のスコアで破った。

バスケットボールとボクシング[編集]

軍事政府は島での闘鶏と闘牛を禁止したが、ボクシングと、バスケットボールと呼ばれた「新しい」スポーツを導入した。ボクシングとバスケットボールはどちらも身体のトレーニングの一部として兵士に使われた。兵士によるボクシングの競技会は公開された。最初のプエルトリコでのボクシングの試合は1899年1月15日に行われた。

兵士たちがバスケットボールをプレイした時、彼らは両端を切り取った簡素なわらのカゴを使用し、ポールの最上端にそれを取り付けた。ボールにはフットボールを使用し、決まったルールなしにプレイされた。

1913年、プエルトリコYMCAは公式なバスケットボールのルールを採用した最初の試合を行い、そして1916年、YMCAは最初のバスケットボールのトーナメントを開催した。トーナメントに参加したチームは島の他のYMCAから作った。最初のプエルトリコのバスケットボールの組織はサンフアン・バスケットボール・リーグだった。リオ・ピエドラス市とバヤモン市が後に続き、独自のリーグを作った。

オリンピック[編集]

プエルトリコは独立国家としてオリンピックに参加しており、そのためプエルトリコのアスリートたちは、オリンピックでプエルトリコとアメリカ合衆国のどちらの代表になるかの選択権を持っている。例えばテニスのジジ・フェルナンデスは、アメリカ代表として金メダルを取った。

1948年のロンドンオリンピックは、国として国際的なスポーツイベントに初めて参加したことで、プエルトリコにとっては歴史的なこととなった。島の代表団はたったの3名であった。彼らの最初の参加で、プエルトリコ人は大会にアメリカ合衆国の国旗を運んだ。二つの国が同時に同じ旗を使用することはできないとしてアメリカ合衆国は異議を申し立てた。1952年7月25日のコモンウェルスの法令で、プエルトリコの代表団は彼ら自身の旗を持つことになった。

1980年、アメリカ合衆国はモスクワオリンピックをボイコットした。プエルトリコオリンピック委員会の会長だったジャーマン・リエケホフは、政治をスポーツイベントに持ち込むべきではないとしてボイコットに反対した。これによって彼は地方自治体からの経済援助を断られた。しかしリエケホフは、ボクシング競技にプエルトリコを代表した一人の選手、アルベルト・メルカドを派遣し、メルカドはモスクワオリンピックに参加した唯一のアメリカ市民となった。

1982年、カルロス・ロメロ・バルセロ知事が率いるプエルトリコ政府は、中米・カリブ海競技大会が行われようとしていたキューバに向かった選手団への経済援助を差し控えた。リエケホフのリーダーシップの下、プエルトリコオリンピック委員会は、人々に寄付を直接求め、代表団を派遣することができた。プエルトリコオリンピック委員会はパンアメリカン競技大会と中米・カリブ海競技大会への島の代表選手を決定する権利も持つ組織である。

アメリカンフットボール(NFL)[編集]

プエルトリコで人気のあるスポーツではないが、アメリカンフットボールはそれにもかかわらずカリブ海の島の通りで時々プレイされている。

ロン・リベラは1980年代にシカゴ・ベアーズで活躍し、NFLでプレイした最初のプエルトリコ人になった。1986年、リベラはスーパーボウルで勝った最初のプエルトリコ人となった。

NFLでプレイしたその他のプエルトリコ人は、アトランタ・ファルコンズO・J・サンティアゴ、現在ダラス・カウボーイズで2002年にグリーンベイ・パッカーズの一員としてプロボウルで試合をした最初のプエルトリコ人となったマルコ・リベラ、2005年にデトロイト・ライオンズでプレイしたグレン・マルティネスがいる。

野球[編集]

プエルトリコには、20世紀初めから運営されているプエルトリコプロ野球リーグという冬季野球リーグがある。優勝チームは年間のカリビアンシリーズにプエルトリコ代表で出場する。現在以下の6つのチームがある。

プエルトリコには100名以上のメジャーリーグの野球選手が現在活躍しており、さらに過去に参加していた数百名のプエルトリコ人選手がいる。これらの事実は、野球が島で最もポピュラーなスポーツであることを表している。

ワールド・ベースボール・クラシックの開催地にもなっており、第1回大会では第1ラウンドC組と第2ラウンド2組が、第2回大会では第1ラウンドD組第3回大会では第1ラウンドC組が行われた。第3回大会では、1次ラウンドでベネズエラ、2次ラウンドでアメリカ、準決勝で日本などの優勝候補を破り、初の決勝に進出。決勝ではドミニカ共和国に敗れるものの初の準優勝と躍進した。

プエルトリコ出身の有名な選手の一例を挙げると、殿堂入りしたロベルト・クレメンテオーランド・セペダロベルト・アロマーホゼ・クルーズエドガー・マルティネスイバン・ロドリゲスバーニー・ウィリアムスホルヘ・ポサダイバン・ロドリゲスカルロス・ベルトランなどがいる。

日本プロ野球でプレーした選手には横浜大洋ホエールズに所属したフェリックス・ミヤーンカルロス・ポンセ中日ドラゴンズに所属したレオ・ゴメス福岡ダイエーホークスに所属したトニー・バナザードペドロ・バルデス読売ジャイアンツディッキー・ゴンザレス埼玉西武ライオンズに所属したヒラム・ボカチカなどがいる。

バスケットボール[編集]

バスケットボールもまた1930年代以来、プエルトリコのプロバスケットボールリーグ、BSNのおかげで、プエルトリコで人気のあるスポーツである。このBSNは、「世界で最も速いリーグ」とも形容される程チームオフェンス、個々人のオフェンス共にスピード自慢の選手が揃っている。1980年代前半の間、多くの試合がテレビで放映され、このスポーツの人気は増加した。ストリートボールも島の若者には人気がある。

プエルトリコ代表はこれまでにオリンピック出場9回、世界選手権出場11回を誇る南北アメリカ大陸の強豪として有名。2004年のアテネオリンピックではアメリカ合衆国ドリームチームを倒した最初のチームとなり、アメリカの五輪での連勝記録を24で止めた。デンバー・ナゲッツカーメロ・アンソニー(父親がプエルトリコ人)はプエルトリコ代表としてプレイしたかったが、しかし彼は島に3年以上いなければならないという代表チームの規則のためにできなかった。アンソニーはプエルトリコの遺産を誇り、右手の利き腕にプエルトリコの国旗(en:Flag of Puerto Rico)の刺青を入れた。1980年、1989年、1995年にはプエルトリコ代表は、FIBAアメリカ選手権で金メダルを取った。

その他の有名なプエルトリコ人のバスケットボール選手には、フアン・パチン・ビセンス(en:Juan "Pachín" Vicéns)、カルロス・アローヨホセ・オルティスなど多数がいる。1976年の代表選手だったアルフレッド・リー(en:Alfred Lee)は、1978年にアトランタ・ホークスにドラフトされ、NBAで最初のプエルトリコ人になった。オルティスは1988年にユタ・ジャズと契約した。ラモン・リバス(en:Ramón Rivas)がその2週間後に続いてボストン・セルティックスと契約した。ラモン・ラモス(en:Ramón Ramos)はポートランド・トレイルブレイザーズと契約したが不慮の事故により二度とプレイできなくなった。アローヨは2007年までNBAでプレイし、2008年からは欧州の名門マッカビ・テルアビブでプレイしている。ホセ・バレアは現在、ダラス・マーベリックスでプレイしており、ピーター・ラモスダニエル・サンティアゴもNBAで複数年プレイした。

1988年、ディック・ヴェルサーチ(en:Dick Versace)はNBAでコーチになった最初のプエルトリコ系の人となった。彼は1988年から1990年までインディアナ・ペイサーズのヘッドコーチを務めた。

2013年、日本のbjリーグ富山グラウジーズでプレーをした、エンジェル・ガルシアが母国であるプエルトリコリーグでのドラフト指名を受け、プレーをすることになっている。

ボクシング[編集]

ボクシングは長い間、野球とバスケットボールとともにプエルトリコ人のファンの好むスポーツとして挙げられてきた。プエルトリコの最初の世界チャンピオンはシクスト・エスコバル(en:Sixto Escobar)である。1948年、フアン・エバンヘリスタ・ベネガス(en:Juan Evangelista Venegas)は、その年のロンドンオリンピックで銅メダルを獲得し、プエルトリコに最初のメダルをもたらした。続いて、プエルトリコはオリンピックで、1984年のルイス・オルティス(en:Luis Ortiz (boxer))の銀メダルを含むさらに5個のメダルを獲得した。その銀メダルはオリンピックでプエルトリコ人が勝ち得た唯一のものである。

1970年代には、3階級を制覇したボクシング史上最も若いチャンピオンの、殿堂入りしたウィルフレド・ベニテスのようなボクサーが活躍した。ウイルフレド・ゴメスも注目すべき世界チャンピオンである。そしてロベルト・デュランモハメド・アリアレクシス・アルゲリョといったボクサーが試合のためにプエルトリコに訪れた。1970年代のプエルトリコのボクシングは多くが黄金時代であったと指摘している。

2001年、プエルトリコ人のジョン・ルイスは、WBA世界チャンピオンのイベンダー・ホリフィールドを倒して、最初のラテンアメリカ人の世界ヘビー級チャンピオンとなることで歴史を作った。

2006年、プエルトリコ人のミゲル・サンタナ(en:Miguel Santana)は、世界チャンピオンになるのを最も長く待った人としてボクシングの歴史を作った。18年前のIBFのライト級選手権試合で元々11回判定負けでグレッグ・ホーガンに負けた彼は、世界チャンピオンに認定された。

他に有名なボクサーはホセ・トーレスフェリックス・トリニダード女子ボクシングベリンダ・ララキュエント、プエルトリコで初の女子世界チャンピオンになったアダ・ベレスなどがいる。

闘鶏[編集]

合衆国のほとんどの州と異なり、闘鶏はプエルトリコで合法で、チャボが毎週末に戦うのを見るために大観衆を惹き付ける多くの場所がある。1ドルから数千ドルまで及ぶ個人同士の言葉での契約による共通の賭けの慣習によって、紳士のスポーツとして知られている。それが他のスポーツと同様に信じられないほど一般的でしばしばテレビで放映され、世界中でもプエルトリコはこの議論を呼ぶスポーツの最大の首都と見られてきた。オスの鶏は特に戦うために飼育され、1歳から2歳までの間に最初にリングに入る。

競馬[編集]

競馬はコンキスタドールによってプエルトリコに導入されたスポーツで、今日まで非常にポピュラーなスポーツであり続けている。20世紀初頭にエル・コマンダンテ競馬場で開催され、1972年以降はカノバナスにあるエル・ヌエボ・コマンダンテ競馬場(en:El Nuevo Comandante)で毎週日曜に開催されている。

有名な騎手はアンヘル・コルデロ・ジュニア(en:Ángel Cordero, Jr.)で、プエルトリコ人として初めてアメリカ競馬三冠競走であるケンタッキーダービープリークネスステークスベルモントステークス)を全て優勝し、アメリカ競馬殿堂入りを果たしている。

競走馬としては56連勝の世界記録を持つカマレロ、またボールドフォーブスはアメリカ生まれながらプエルトリコ出身でアンヘル・コルデロ・ジュニアの騎乗によりケンタッキーダービーを優勝している。

プロレス[編集]

プロレスは長い間、プエルトリコで多くの人気を得ており、1960年代以来、試合はテレビ放映されている。カルロス・コロンの主宰するWWCは世界的にも有名なプロレス団体である。プエルトリコの著名なレスラーには、元WWWF世界ヘビー級王者ペドロ・モラレスをはじめ、ミゲル・ぺレス、ビクター・リベラロベルト・ソトカルロス・ホセ・エストラーダサビオ・ベガミゲル・ペレス・ジュニア、バラバス、ロス・インベーダーズ、ロス・スペル・メディコス、カルロス・コロンの息子カーリー・コロンエディ・コロンオーランド・コロンブラック・ペインリッキー・バンデラスなどがいる。さらに、WWCを主戦場の一つとしていたアブドーラ・ザ・ブッチャーブルーザー・ブロディをはじめ、アンドレ・ザ・ジャイアントスタン・ハンセンリック・フレアーロード・ウォリアーズランディ・サベージなど、アメリカやカナダの多くのスターがプエルトリコで試合をした他、全日本プロレス新日本プロレスの一部の若手選手もプエルトリコで武者修行を行った。

WWC以外の主要団体としてはIWA・JAPANなどに携わったビクター・キニョネスが創設したIWAが知られている。同団体は1999年から2001年まではWWF(現・WWE)の傘下として活動していた。

サッカー[編集]

多くのラテンアメリカの国々とは異なり、主にアメリカ合衆国の文化の影響が高いために、20世紀の間プエルトリコではサッカーの人気は高くなかった。しかし21世紀以来、ゆっくりと島のファンを増加させている。プエルトリコにはFIFAに加盟しているプエルトリコフットボール連盟(en:Federación Puertorriqueña de Fútbol)と、FIFA193位にランキングされたシニア国際チームがある。しかし国際大会で勝ったことは一度もなく、2004年以来プレイしていない。現在の連盟会長ホセ・セラルタは、2010年ワールドカップ本戦にチームを出すと述べたが、その第一の目的は、プエルトリコのマヤゲスで開催される、2010年の中米・カリブ海競技大会へ向けてチームを強化することにある。

プエルトリコ・アイランダーズ(en:Puerto Rico Islanders)がメジャーリーグサッカーの下部リーグ、北米サッカーリーグでプレイしており、さらに多くのプエルトリコのチームが将来加入すると噂されている。プエルトリコにはリーガプレミエル、リーガメイヨールの二つのセミプロリーグも存在する。

母親がドイツ人のフェリックス・マガトは、1982年と1986年にドイツ代表として初めてワールドカップでプレイしたプエルトリコ系の人である。

ソフトボール[編集]

ソフトボールプエルトリコ代表は、1996年のアトランタオリンピックに出場している。銅メダルを獲得したオーストラリアに勝利したもの、1勝6敗で予選リーグ敗退となった。

競泳[編集]

テニス[編集]

陸上競技[編集]

バレーボール[編集]

アメリカ領ながら、ワールドカップバレーボール2007でアメリカ代表を3対1で破る珍事を成し遂げた。

馬術[編集]

有名な選手:マーク・ワトリング(en:Mark Watring

フェンシング[編集]

有名な選手:デーヴィッド・ベルニエール(en:David "Kike" Bernier

ゴルフ[編集]

有名な選手:フアン・チチ・ロドリゲス(en:Juan "Chi-Chi" Rodríguez

マラソン[編集]

有名な選手:ホルヘ・ゴンザレス(en:Jorge González (runner)

セイリング[編集]

有名な選手:エンリケ・フィゲロア(en:Enrique Figueroa