ブー・イナーニーヤ・マドラサ (メクネス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブー・イナーニーヤ・マドラサ

ブー・イナーニーヤ・マドラサ(: Bou Inania Madrasaアラビア語: المدرسة البوعنانية‎ - Al-madrasa Al-abū `inānīya) はモロッコメクネスにあるマドラサ (イスラームの神学校) である。 1350年マリーン朝の第12代国王アブー・イナーン・ファーリスによって建築された。彼はフェズにも同名の施設を建築している。

ブー・イナーニーヤ・マドラサは現存するマリーン朝建築物のうちイスラーム建築の代表的な作品である。柱と門はクーフィー体を用いて華麗に装飾されている。

ブー・イナーニーヤ・マドラサは礼拝堂沐浴場英語版、教室と中庭がある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯33度53分42秒 西経5度34分00秒 / 北緯33.895度 西経5.56667度 / 33.895; -5.56667