ブーツ・ランドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブーツ・ランドルフ
ブーツ・ランドルフ(2000年)}
ブーツ・ランドルフ(2000年)
基本情報
出生名 Homer Louis Randolph III
出生 1927年6月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州 パデューカ
死没 2007年7月3日(満80歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州 ナッシュビル
ジャンル ポップ・ミュージック
ロック
担当楽器 サクソフォーン
活動期間 - 2007年
公式サイト http://www.bootsrandolph.com/

ブーツ・ランドルフBoots Randolph)、本名ホーマー・ルイス・ランドルフ3世Homer Louis Randolph III, 1927年6月3日 - 2007年7月3日)は、アメリカ合衆国サクソフォーン奏者。1963年に発表され、コメディアンのベニー・ヒルが自らのショーのテーマ曲として用いたことで知られる曲「ヤケティ・サックス」(Yakety Sax)が代表作。ランドルフは、そのプロとしてのキャリアの大部分において、「ナッシュビル・サウンド」の主要な一角であった。

生涯[編集]

ランドルフはケンタッキー州パデューカに生まれ、同州カディス英語版で育ち、インディアナ州エバンスビルの高等学校に入学した[1]

第二次世界大戦終戦時、ランドルフはアメリカ陸軍の軍楽隊でサクソフォーン、トロンボーンおよびヴィブラフォンの演奏を担当していた。軍役を終えた後、彼は1948年から1954年にかけてイリノイ州ディケーターでバンド「Dink Welch's Kopy Kats」と共に演奏活動を行った。彼は短期間ケンタッキー州ルイビルに滞在した後ディケーターに戻り、自分のバンドを結成して活動した。その後1957年にディケーターを離れている[2]

40年を超える演奏家としてのキャリアの間に、ランドルフは数百ヶ所の会場で、ポップロックジャズカントリーなどさまざまなジャンルのミュージシャン達と共演している。彼はエルヴィス・プレスリーのいくつかのアルバムで演奏しており、またプレスリーの映画作品用のサウンドトラックの演奏も行った。

ランドルフはテネシー州ナッシュビルのモニュメント・レコードで収録を行い、ロイ・オービソンの1963年のヒット曲「Mean Woman Blues」で演奏している[2]。その他、REOスピードワゴンの「Little Queenie」、アル・ハート英語版の「Java」、ジェリー・リー・ルイスの「Turn On Your Lovelight」、ブレンダ・リーの「Rockin' 'Round The Christmas Tree」などの曲にランドルフがフィーチャーされている。

1977年、ランドルフはナッシュビルに自分のクラブ「プリンターズ・アレイ」(Printers Alley)を開店し、成功を収めた。また、彼はテレビの音楽番組『ヒー・ホー英語版』にもよく出演した。

ランドルフは2007年7月3日に、脳出血のためナッシュビルの病院で80歳で死去した[2]。彼の最後の作品となったソロ・スタジオ・アルバム「A Whole New Ballgame」は、2007年6月12日にリリースされている。

参考文献[編集]

  • Trott, Walt. (1998). "Boots Randolph". In The Encyclopedia of Country Music. Paul Kingsbury, Editor. New York: Oxford University Press. pp. 428-9.

出典[編集]

外部リンク[編集]