ブータンの首相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブータンの首相(ブータンのしゅしょう)は、ブータン政府の首席大臣。

概要[編集]

ブータンでは、豪族間の政争により1964年ジグメ・パルデン・ドルジ英語版首相が暗殺されて以降、混乱が続き、後任の首相もクーデターを画策したことから、内閣を総理する大臣職は空席となっていた。その後は長く国王親政[注釈 1]となる。1998年、国王主導の民主化により、首相に相当する「閣僚評議会議長」職が復活し、閣僚評議会議長は閣僚が任期1年の輪番制により交代で担当した[注釈 2]

2008年、立憲君主制(議会君主制)と議院内閣制が導入されたことに伴い、内閣総理大臣としての首相職が復活した。同年3月24日の国民議会(下院)選挙で勝利したブータン調和党(DPT)党首ジグメ・ティンレーが、4月9日に初の民選首相に任命されている[1]

首相の一覧[編集]

氏名 就任日 退任日 所属政党 備考
主席大臣
ウゲン・ドルジ英語版 1907年 1917年
2 ソナム・トブゲ・ドルジ英語版 1917年 1952年
3 ジグメ・パルデン・ドルジ英語版 1952年 1958年 首相に移行
首相
ジグメ・パルデン・ドルジ 1958年 1964年4月5日 暗殺による退任
- レンドゥプ・ドルジ英語版 1964年7月25日 1964年11月27日 代行、亡命による退任
- 空席 1964年11月27日 1998年7月20日 国王による親政
2 ジグメ・ティンレー 1998年7月20日 1999年7月9日 任期1年の輪番制(~2008年)
3 サンゲ・ゲドゥプ 1999年7月9日 2000年7月20日
4 イェシュイ・ジンバ英語版 2000年7月20日 2001年8月8日
5 カンドゥ・ワンチュク英語版 2001年8月8日 2002年8月14日
6 キンザン・ドルジ英語版 2002年8月14日 2003年8月30日
7 ジグメ・ティンレー 2003年8月30日 2004年8月20日 閣僚を6人から10人に増員
8 イェシュイ・ジンバ 2004年8月20日 2005年9月4日
9 サンゲ・ゲドゥプ 2005年9月5日 2006年9月7日
10 カンドゥ・ワンチュク 2006年9月7日 2007年7月31日
11 キンザン・ドルジ 2007年7月31日 2008年4月9日
12 ジグメ・ティンレー 2008年4月9日 現職 ブータン調和党(DPT) 議院内閣制

脚注[編集]

  1. ^ 1968年に閣僚評議会が設置されたが、その議長職は、1998年まで国王が務めた。
  2. ^ 2003年に、閣僚はそれまでの6人から10人に増員された。

出典[編集]

  1. ^ Kuensel Online 2008/04/09His Majesty to confer Dakyen on PM today(2008年4月9日閲覧)