ブーケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラッチブーケ

ブーケ(ブケ/アメリカではボケ)フランス語bouquet 発音例)は、「生花や造花の花束」「種々の花の匂いを混合した香水」(←稀)「ワインの芳香」を意味する。

日本でブーケが広まったのは第二次世界大戦後であり、結婚式の洋式化に伴い用いるようになった。日本では習慣的に、花瓶に差すまでの一時の包装手段を花束結婚式で花嫁が持つ花束ウェディングブーケブーケと言うことが多い。

任天堂株式会社が、カタカナ「ブーケ」で、テレビゲーム関連や、指定商品第26類で商標登録(第5050450号)している。指定商品第26類には、造花が含まれる。

種類[編集]

様々なバリエーションがあるが、似たものもある。Google画像検索に名称を入力することで、作品を見ることができる。


花束に見える形

  • ラウンドブーケ
    半球。茎は花から数cmのところで切り、茎の先端にはテープを使い吸水性スポンジを固定する。茎部分が短いこうした花パーツは、ワイヤーを使い束ねて、密集させる。地味な作業であり、模型製作に近い感覚。
  • ティアドロップブーケ
    ラウンドブーケに尻尾をつける小型キャスケードブーケ。
  • オーバルブーケ
    ラウンドブーケを完全な楕円形にする。涙形に仕上がれば、ティアドロップブーケ。
  • キャスケードブーケ
    大型ラウンドブーケに、ワイヤーを使い逆三角形パーツを固定する。
  • シャワーブーケ
    ラウンドブーケ等を中心にして、その周囲に細長い茎、細長い蔓、細長い葉を配置して、シャワーのように見せる。
  • リースブーケ / リングブーケ
    ドーナッツ。
  • クレッセントブーケ
    横幅がある三日月。
  • クラッチブーケ
    小~中型。茎がついている花を束ねる。ラウンドブーケのように仕上げることもできる。吸水性スポンジは使わず、ブーケ・トスのような扱いにも耐える。
  • アームブーケ
    大型。太くて長い直線的な茎がある花を束ねる。シンプル。茎部分に別の花を配置すれば華やかになる。吸水性スポンジは使わない。


花束に見えない形

  • ボールブーケ
    持ち手がある球。かわいい雰囲気。
  • バッグブーケ
    持ち手があるハンドバッグ。鞄としての機能はない。バッブーケという呼び方は、間違い。
  • カゴブーケ / 籠ブーケ / 篭ブーケ / バスケットブーケ
    持ち手がある籠の中にスポンジを入れて、花を活ける。または、ラウンドブーケやオーバルブーケを籠に入れる。
  • リストブーケ
    腕輪。


その他

  • 和装ブーケ
    上記各ブーケを和装用にアレンジ。

関連項目[編集]