ブロンド少女は過激に美しく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロンド少女は過激に美しく
Singularidades de Uma Rapariga Loura
監督 マノエル・デ・オリヴェイラ
脚本 マノエル・デ・オリヴェイラ
製作 フランソワ・ダルテマール
マリア・ジョアオン・マイエ
ルイス・ミニャーロ
製作総指揮 ジャック・アレックス
撮影 サビーヌ・ランスラン
編集 マノエル・デ・オリヴェイラ
カトリーヌ・クラソフスキー
公開 ドイツの旗 2009年2月10日
(第59回ベルリン国際映画祭
ポルトガルの旗 2009年4月30日
日本の旗 2010年10月9日
上映時間 64分
製作国 ポルトガルの旗 ポルトガル
フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン
言語 ポルトガル語
製作費 $2,500,000[1]
テンプレートを表示

ブロンド少女は過激に美しく』(Singularidades de Uma Rapariga Loura)は、2009年ポルトガル映画である。エッサ・デ・ケイロスの短編小説『ある金髪女の奇行』を、100歳を超えるマノエル・デ・オリヴェイラが監督・脚本したドラマ映画である。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]