ブロンクス動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロンクス動物園
Stavenn Bronx Zoo 00.jpg
アジアゲート・エントランス
施設情報
管理運営 AZA [1]
面積 265エーカー (107 ha)[2]
頭数 4,000 [3]
種数 650 [3]
主な飼育動物 コンゴ・ゴリラの森、ジャングルワールド、ワイルド・アジア・モノレール、マダガスカル館、タイガー・マウンテン、アフリカ平原、ワールド・オブ・バード、ワールド・オブ・モンキー、爬虫類館、ズー・センター
開園 1899年11月8日[4]
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
2300 Southern Boulevard, Bronx Park, Bronx, New York, 10460, USA
位置 北緯40度51分02秒 西経73度52分31秒 / 北緯40.850581度 西経73.87538度 / 40.850581; -73.87538座標: 北緯40度51分02秒 西経73度52分31秒 / 北緯40.850581度 西経73.87538度 / 40.850581; -73.87538
公式サイト www.bronxzoo.com
テンプレートを表示


ブロンクス動物園(Bronx Zoo)は、ニューヨーク市の行政区・ブロンクスに位置し、ブロンクス公園内にある。動物園では、世界中の約650種4000匹の動物が飼育されており、世界最大の動物園の1つである。園地及び自然生息地からなる敷地は面積が265エーカー (107 ha)で、ブロンクス川が流れる。

ブロンクス動物園は、野生動物保護協会(WCS)によって管理される4つの動物園と1つの水族館の総合システムの一部であり、動物園・水族館協会(AZA)によって運営されている。

歴史[編集]

フォーダム大学が後にブロンクス動物園とニューヨーク植物園になった土地を所有していた。フォーダム大学は、国が動物園と公園のみに使用するという条件付きで、土地を$1,000でニューヨーク市に売った。これは大学の敷地と、都市拡大による周辺の住宅街との間を、自然の地域で妨げるためでもあった。1880年代には、隣にニューヨーク州が公園として開発する地域を置いた。1895年、ニューヨーク市が動物園設立の目的で、ニューヨーク動物学協会(後に野生動物保護協会に改名)を設立した[4]

クーズーにエサを与える動物園長のウィリアム・T・ホルナディ(1920年撮影)

動物園(もともとブロンクス動物公園[5]ブロンクス動物庭園[6]と呼ばれた)は、1899年11月8日、22種類843匹の動物を展示し、一般公開した。初代動物園長はウィリアム・テンプル・ホルナディ[7]ヘインス・アンド・ラファージュは、最初に動物園を設計し、大きなアシカ・プールの周辺にボザール様式のパビリオンを並べた[8]。1934年、ポール・ジェームズ・レイニーに捧げられた、有名彫刻家のポール・マンシップがデザインした彫刻、レイニー記念門が建った[9]。門は1972年にアメリカ合衆国国家歴史登録財としてリストアップされている[10]

ブロンクス動物園のサイド・エントランス

2006年11月、動物園は、ブロンクス川ゲートの外側に新しい環境に優しい化粧室をオープンさせた。動物園のバイオトイレを開発したクリブス・ムルトルム・カンパニーによれば、この設備は年間50万人が利用し、1,000,000USガロン(3,800,000 l)の水を節約している[11][12]

2007年3月、野生動物保護協会フォーダム大学大学院は、科学修士号への教育プログラムを提示した。これは、ニューヨーク州で最初の青年科学教育の証明である。(生物学階級:7-12)。プログラムは2008年に始まり、この種では初めての共同プログラムである[13]

展示・アトラクション[編集]

2010年時点で、ブロンクス動物園には650種4,000匹以上の動物を飼育しており、これらの多くは、危機状態である[3]。アフリカ平原、ワイルド・アジアなどは、地理的に分けられている一方、ワールド・オブ・バード、爬虫類館など、展示の一部は、動物の分類学的に分けられている[14]

屋外展示[編集]

ゴリラの展示

「アフリカ平原」では、来園者がライオンコウノトリシマウマの前を通ることができ、カモシカニアラリカオンと同じ場所で生活するのを見ることができる。キリンは、近くで歩き回っている。野犬は、展示室からガラス越しに見ることができる[15]。2010年1月には3匹のライオンの子供が生まれ、アフリカ平原で展示されている。ブロンクス動物園は、ニューヨーク・デイリーニュースと提携し、2010年4月に子供の名前を公募した。2匹の雌、1匹の雄のために決まった名前は、それぞれNala、Adamma、Shaniだった[16]

「バブーン・リサーブ」は、エチオピア高地を再現しており、ゲラダヒヒの群れを飼育している。さらに、来園者は、このエリアで飼われているヌビアン・アイベックスケープハイラックス、アフリカの水鳥などの動物と共に、さまざまな視点からゲラダヒヒを見ることができる[17]

「コンゴ・ゴリラの森」は、20頭ほどのニシローランドゴリラが飼われる、6.5エーカー (2.6 ha)の熱帯雨林である。さらに、コロブスオナガザルマーモセット、オカピ、マンドリルも飼われている。来園者はエリアを歩き、木の梢から動物を観察できる[18]。この展示は、ジャック・ウンルーが担当している[要出典]

「ワイルド・アジア・モノレール」は、アジアの泥地、牧場、川岸などを再現した40エーカー (16 ha)のエリアを、来園者を案内する。20分間の長いコースでは、自然の中、トラゾウサイモウコノウマを見ることができる。さらに、モノレールは、シラサギ、カメ、コイ、アヒルなどが生息するブロンクス川に沿って移動する。モノレールには、幅26"以内の車椅子であれば乗ることができる。これより大きい車椅子や、電動車椅子を使用する来園者は、ホームで小さな車椅子を利用できる。晩秋から冬期、早春にかけては営業しない[19]

その他、ユキヒョウレッサーパンダが観察できる「ヒマラヤの高地」やアムールトラが観察できる「タイガーマウンテン」、グリズリーホッキョクグマが観察できる「大きな熊たち」といった施設もある。

屋内展示[編集]

ジャングル・ワールドのシルバールトン (学名:Trachypithecus cristatus)
は虫類の展示にいるアメジストニシキヘビは、オーストラリアで最大のヘビ

「ジャングル・ワールド」は、屋内の熱帯雨林であり、マングローブや海岸に住むカワウソテナガザルヒョウバクなど、800の動物を飼育している。来園者は、テナガザルがぶら下がるところや、歌うところ、カワウソが遊ぶのを見ることができる。展示品には通常、クワガタムシサソリヨーロッパスズガエルなどもある。また、滝の付いた池に腰掛け、グラミーレッドフィンバルブカイヤンスッポンモドキを見物することもできる[20]

「バタフライ・ガーデン」では、来園者は牧草地や庭を歩き、チョウが上をとぶ屋内の温室である[21]

「モンキー・ハウス」は、ワタボウシタマリンシロガオサキマーモセットなど、新大陸産のサルを飼育していたが、2012年3月に閉鎖した。サルは、動物園内の他の展示、セントラルパーク動物園プロスペクト・パーク動物園で展示されている。この建物には、画期的な地位があり、跡地は保持する必要性がある[22]

「マダガスカル館」は、2008年6月20日に開業し、マダガスカル島の自然環境を再現している。ここでは、キツネザルマダガスカルオオゴキブリシファカ・キツネザル、ナイルワニフォッサなどを飼育している[23]

「ワールド・オブ・バード」は、屋内の放鳥散歩道である。展示は年中オープンしている。来園者は、アオハラニシブッポウソウサクラボウシインコなどを見ることができる。ワールド・オブ・バードが最初にオープンしたのは1972年で、改修のために2010年夏に一時的に閉鎖されたが[24]、2011年初めに再オープンした。

保護[編集]

ブロンクス動物園では、2006年8月、ユキヒョウの子供、レオを繁殖計画に入れることに合意し、ニュースとなった。生後13ヶ月の子供は、パキスタンのナルター・バレーで、地滑りによる泥に巻き込まれた。これにより、子供の母親は死んだ。パキスタンの動物保護者が子供と、その雌の兄弟を見つけたが、雌は1週間後に栄養失調により死亡した。子供は、パキスタン政府へ引き渡された。パキスタンで繁殖も計画されたが、ユキヒョウ用のリハビリセンターがなく、政府はブロンクス動物園に任せることを決定した。ヒョウは、アメリカの協力により、ナルター・バレーでのリハビリセンターの建築と共に、誕生した場所へかえされる予定である[25][26][27]

2010年1月、動物園は遺棄された4匹のクマの赤ちゃんを収容することを決定した。野生動物保護協会では、クマの母親は、泥流により死亡したのではないかと推測している。4匹の赤ちゃんは、新しいすみかでも健康で元気である[28]

2010年2月、ブロンクス動物園にキハンシ・スプレー・ヒキガエルの「保証地域」が置かれた。この生物は、タンザニアに生息していた[29]

事件[編集]

1985年飼育員死亡事件[編集]

1985年7月29日、24歳の動物飼育員ロビン・シルバーマンがボランティアと2頭のシベリアトラの包囲を行っていたところ、トラが彼を殺した[30]。なぜシルバーマンが包囲を行ったかは不明である。動物園の学芸員は、彼の過ちを指摘したが、シルバーマンの家族は、動物園側の欠陥を疑った。これは、動物園で開園以来最初の惨事である[31]

動物の脱走[編集]

2011年3月26日、ブロンクス動物園は、毒を持つアスプコブラが展示室にいないことが3月25日に発見され、は虫類の展示を中止していると発表した。動物園職員は、コブラはオープンエリアでは落ち着きがなくなることが知られており、行方不明のコブラは、外部ではなく、建物内で見つけられるだろうと確信していた[32]。ヘビの失踪は、アスプコブラの毎日の騒動を書いた、人気のツイッター・パロディ・アカウント、@BronxZoosCobraのきっかけとなった[33][34]

3月31日、動物園当局は、は虫類展示の非公開エリアで、ヘビを発見した[35]

2011年5月9日、雌のマクジャクが動物園から脱走し、5月11日に捕獲された[36]

2012年9月21日、デイビッド・ヴィラロボスという25歳の男が、トラの展示内を走行中のモノレールから、飛び降りた。彼はシートベルトを締めておらず、エリアの周りの16フィートのフェンスは取り除かれていた。彼は、バシュタという名の11歳のシベリア(アムール)トラによって傷つけられた。しかし、最悪の事態には至らず、トラは3年間動物園で飼われていたため、安楽死も免れた。彼は10分間、肩や足、腕を攻撃されていたが、動物園長ジム・ブレへニーが駆けつけ、トラを追い払うために消火器を使用して、ワイヤーの下を回転して逃げるように指示した。彼は病院にいるが、容態は安定しており、侵入した罪で恐らく逮捕される。これは、自殺未遂を考えられたが、400ポンドの動物を飼っていたヴィラロボスはインタビューで、「トラとひとつになりたかった」と語っている[37]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ List of Accredited Zoos and Aquariums”. aza.org. Association of Zoos and Aquariums. 2010年5月27日閲覧。
  2. ^ How long does is take to see the zoo”. bronxzoo.com. WCS. 2012年10月20日閲覧。
  3. ^ a b c Bronx Zoo”. nycgovparks.org. New York City. 2010年5月31日閲覧。
  4. ^ a b Wildlife Conservation Society”. fundinguniverse.com. Funding Universe. 2010年5月28日閲覧。
  5. ^ “New Antelope house”. nytimes.com (New York Times). (1903年11月27日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F50615F93B5D16738DDDAE0A94D9415B838CF1D3 2011年2月28日閲覧。  "The antelope house at the Bronx Zoological Park was opened to the public yesterday."
  6. ^ “Taft Enjoys Trip To The Bronx Zoo”. nytimes.com (New York Times). (1911年5月24日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F7061EF93F5D16738DDDAD0A94DD405B818DF1D3 2011年2月28日閲覧。  "President Taft paid a two-hour visit to the Bronx Zoological Gardens yesterday afternoon, as the guest of the New York Zoological Society."
  7. ^ “Dr. W. T. Hornaday Dies In Stamford”. nytimes.com (New York Times). (1937年3月7日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F20B14F738541B728DDDAE0894DB405B878FF1D3 2010年5月31日閲覧。  "Dr. William T. Hornaday, who retired as the first director of the New York Zoological Park in 1926 after thirty years' service and who since had devoted himself to the protection of wild life, largely through his writings and efforts as head of the Permanent Wild Life Protection Fund, died tonight at his home, the Anchorage, in West North Street, this city."
  8. ^ Bridges, William. Gathering of Animals: An unconventional history of the New York Zoological Society. New York: Harper & Row, 1974.
  9. ^ Stephen S. Lash (1971年5月). “National Register of Historic Places Registration: Rainey Memorial Gates”. New York State Office of Parks, Recreation and Historic Preservation. 2011年1月12日閲覧。
  10. ^ “National Register Information System”, National Register of Historic Places (National Park Service), (2009-03-13), http://nrhp.focus.nps.gov/natreg/docs/All_Data.html 
  11. ^ Bronx Zoo”. clivusmultrum.com. Clivus Multrum. 2010年5月31日閲覧。
  12. ^ Composting Toilets, The Bronx Zoo, and Design that's Disgusting”. poopthebook.com. The Poop Culture Blog. 2010年5月31日閲覧。
  13. ^ New GSE Master's Program Approved and Ready To Roar”. fordham.edu. Fordham University. 2010年5月31日閲覧。
  14. ^ Exhibits & Attractions”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  15. ^ African Plains”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  16. ^ David Rooney: "Bronx Zoo's New Lion Cubs Are Impossibly Cute'. New York Times, 2010.
  17. ^ Baboon Reserve”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  18. ^ Congo Gorilla Forest”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  19. ^ Wild Asia Monorail”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  20. ^ JungleWorld”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  21. ^ Butterfly Garden”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  22. ^ barron, James (2012年3月1日). “The Monkey House Ends a 111-Year Run in the Bronx, a Victim of Zoo Evolution”. nytimes.com (New York Times). http://www.nytimes.com/2012/03/02/nyregion/the-monkey-house-ends-a-111-year-run-in-the-bronx.html 2012年8月11日閲覧。 
  23. ^ Madagascar”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  24. ^ World of Birds”. bronxzoo.com. WCS. 2010年5月31日閲覧。
  25. ^ Endangered Leo bound for Bronx”. dawn.com. Dawn. 2010年5月31日閲覧。 [リンク切れ]
  26. ^ Pakistan snow leopard cub heads to Bronx”. msnbc.msn.com. Associated Press (2006年8月8日). 2010年5月31日閲覧。
  27. ^ Bronx Zoo Provides New Home for Pakistani Snow Leopard”. america.gov. U.S. Department of State. 2010年5月31日閲覧。
  28. ^ [1]
  29. ^ [2]
  30. ^ Oren Yaniv (2007年12月27日). “Flashback to death by Bronx Zoo tiger”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/news/2007/12/27/2007-12-27_flashback_to_death_by_bronx_zoo_tiger_-1.html 2011年3月29日閲覧。 
  31. ^ “Death at the Bronx Zoo”. TIME. (2005年4月18日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1050426,00.html 2011年3月29日閲覧。 
  32. ^ Kevin Dolak (2011年3月27日). “Bronx Zoo Reptile House Closed After Poisonous Snake Goes Missing”. ABC News. http://abcnews.go.com/US/poisonous-snake-missing-bronx-zoo/story?id=13233433 2011年3月29日閲覧。 
  33. ^ Bronx Zoo's Cobra”. Twitter. 2011年3月30日閲覧。
  34. ^ Jonathan Allen (2011年3月30日). “Missing Bronx zoo cobra sparks Twitter following”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2011/03/30/us-usa-cobra-twitter-idUSTRE72T67520110330 2011年3月30日閲覧。 
  35. ^ “Missing Bronx Zoo Egyptian Cobra Finally Captured”. WCBS-TV. (2011年3月31日). http://newyork.cbslocal.com/2011/03/31/report-missing-bronx-zoo-cobra-has-been-captured/ 2011年4月1日閲覧。 
  36. ^ O'Connor, Anahad (2011年5月10日). “Another Bronx Getaway, This Time Without the Scales”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/05/11/nyregion/peahen-escapes-bronx-zoo.html?_r=1 2011年8月12日閲覧。 
  37. ^ Hayes, Tom (2012年9月22日). “Mauled NY man: I wanted to be one with the tiger”. chicagotribune.com. Chicago Tribune. 2012年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]