ブロモフェノールブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロモフェノールブルー
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 [http://tools.wmflabs.org/magnustools/cas.php?language=en&cas=115-39-9&title= 115-39-9 115-39-9]
PubChem 8272
特性
化学式 C19H10Br4O5S
モル質量 669.96 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ブロモフェノールブルーBromophenol blue)はpHが3.0から4.6の間で用いられる酸塩基指示薬の1つである。水溶液のpHが3.0のときは黄色であるが、pHが4.6になると紫色となる。この変化は可逆である。

ブロモフェノールブルーはアガロースゲル電気泳動ポリアクリルアミドゲル電気泳動などでのカラーマーカーとしても用いられている。通常のpH条件下でブロモフェノールブルーは負電荷を持つため、電気泳動を行ったときにはDNAタンパク質と同じ向きに移動する。移動度はゲルの密度と緩衝溶液の組成に依存するが、一般的には緩衝溶液にTAEバッファーTBEバッファーを用い、1%のアガロースゲルを用いると、約500塩基対のDNAとほぼ同じ移動度を持つとされている。またキシレンシアノールオレンジGなどもカラーマーカーとして用いられている。

また色素としても用いられる。光を当てたときには赤色に見える。

pHによる構造変化