ブロイデン法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブロイデン法(ブロイデンほう、Broyden method)は、セルフコンシステントな電子状態計算において、電荷密度を混合する方法の一つ[1]。単純混合による方法より、計算の収束が速い。

参考文献[編集]

[1] D. Singh, H. Krakauer and C. S. Wang, Phys. Rev. B34 (1986) 8391.

関連項目[編集]