ブレーメン (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブレーメン (SMS Bremen) はドイツ海軍巡洋艦ブレーメン級

艦歴[編集]

1902年8月1日起工。1903年7月9日進水。1904年5月19日就役。

第一次世界大戦[編集]

1915年5月27日、ブレーメンは再就役し、バルト海へ送られた。

1915年7月初め、ブレーメンはキールからリーバウへ移った。1915年8月8日、ブレーメンは触雷した水雷艇T52の乗員を救助した。

1915年12月17日、ブレーメンは水雷艇V191とV186とともにWindau(現在のヴェンツピルス)から出撃した。17時10分、SponbankでV191が触雷した。ブレーメンはすぐに救助活動を始めたが、曳航の試みは失敗した。そして救助活動中のブレーメンも2発の機雷に触れ、18時4分にブレーメンはバルト海に沈んだ。乗員250名が死亡し、53名がV186により救助された。