ブレダSAFAT機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Breda-SAFAT
12.7mmBreda-SAFAT.jpg
種類 航空機関銃
原開発国 イタリアの旗 イタリア
運用史
配備先 イタリア
関連戦争・紛争 WW2
開発史
開発期間 1935
諸元
重量 12.5 kg (7.7 mm)
29 kg (12.7 mm)

弾丸 7.7mm×56R (10.1 g)
12.7mm×81SR (34.2 g)
口径 7.7 mm (0.303 in)
12.7 mm (0.50 in)
発射速度 800~900 発/分 (7.7 mm)
700 発/分 (12.7 mm)
575 発/分 (12.7 mm同調機銃)
初速 730 m/s (7.7 mm)
765 m/s (12.7 mm)

ブレダSAFAT機関銃ブレダ-SAFAT機関銃Breda-SAFAT機関銃は、1930年代から40年代にかけてイタリア空軍で使用された航空機関銃である。

概要[編集]

ブレダ-SAFAT機関銃は、第二次世界大戦中のイタリアの航空機で使用された機関銃のシリーズだった。7.7mmと12.7mmのバリエーションがあった。

これらの兵器は、古い航空機と比較して、より高性能でより良い装甲板を持つ航空機の新世代に直面し、より良い機関銃を保有する願望から誕生した。

1920年代後半、時代遅れのフィアット社製機関銃の限界を感じていたイタリア王立空軍は、1929年に新しい航空機関銃の開発を開始した。ブレダ機関銃はイタリアの切迫した事情に合わせて、米国のブローニング重機関銃に基づいて設計された。特に実包規格は、ブローニングM1919重機関銃の7.62mm×63から7.7mm×56R(.303ブリティッシュ弾)に、ブローニングM2重機関銃の12.7mm×99から12.7mm×81SR(.50ブリティッシュ弾)に変更された。後者は兵器を特に弱めた。そしてより高発射速度でより軽量の機関銃を開発するという目標は失敗した。

それまではどのような場合でも最終的には、強力な企業グループ、フィアット社からの同様のプロジェクトで合意された。フィアット社は子会社SAFAT社(Società Anonima-Fabbricazione Armi Torino)によって設計された新しい兵器を提案した。しかしブレダ-ブローニング機関銃の方が優れていると判明し(最も重いブレダ-ブローニング機関銃でもフィアット-SAFATより5kgも軽かった)、それらの設計を販売するフィアット社による試みにもかかわらず、空軍はブレダ社を契約相手に選択した。フィアット社はまだ諦めておらず、ブレダ社を標的とした訴訟に着手した。しかしフィアット社は敗訴し、そして法廷はまた、トライアル費用を支払うようフィアット社に命令した。この失敗の後に、ジョヴァンニ・アニェッリ(Giovanni Agnelli)は、SAFAT社をブレダ社に売却して、次の20年間、小火器産業から去ることを決めた。こうして機関銃におけるフィアット社の支配は終わり、その時はブレシアのほとんど小さい工場に過ぎなかったブレダ社の躍進が始まった。

ブレダ-SAFAT機関銃の7.7mm型は、ブローニングM1919重機関銃と似ており、.303ブリティッシュ弾のいくつかの種類を使用できた。12.7mm型は0.8gのPETNを充填した焼夷曳光高性能榴弾(HEIT high-explosive-incendiary-tracer)と、徹甲弾(AP armor-piercing)を発射することができた。

ブレダ-SAFAT機関銃の12.7mm型の弾薬は、12.7mm×99弾や12.7mm×108弾ではなく、12.7mm×81SR弾だったので、砲口初速は他の.50口径よりも低かった。マズルエナジーは、他の実包が16,000~17,000Jなのに対して、ブレダ-SAFATは10,000Jしかなかった。ブレダ-SAFATは高い信頼性があったが、それらは第二次世界大戦時の航空機に搭載された全機関銃の中で最も悪い発射速度/重量比だった。比較すると、日本ホ103はブレダ-SAFATと同じ12.7mm×81SRだったが、銃本体は6~7kg軽く、36.5g(曳光弾)の投射体を毎分800~900発で発射した。ホ103の発射速度は、少なくともブレダ-SAFATより20%は高かったが、まだ信頼ができた。イソッタ-フラスキーニ・スコッティがブレダ-SAFATの性能の改良を試みたが、それはまだ低発射速度で、信頼できなかった。

高性能榴弾の有用性にもかかわらず、一般にイタリア人パイロットはわずか0.8gの炸薬の弱い破壊力よりも、徹甲弾焼夷弾を好んだ。 他国が12.7~13.2mm口径の高性能榴弾を採用しなかったというのは、真実ではない。ほとんど全ての国がそうしたが、彼らは「このクラスの高性能榴弾はあまりにも弱いので金属構造へ小さなダメージしか与えられないし、コストを正当化できない」と評価した。その上、それらは装甲板に対して有効ではなかった。高性能榴弾は20mm以上の口径だけが一般的だった。イギリス人専門家は、より小口径の高性能榴弾を「馬鹿げている」と言った。そして米国はいくつかの12.7mm高性能榴弾のシリーズをテストしただけだった。

よってイタリアは、軽量、高発射速度、高砲口速度、適切な発射体重量、高信頼性、を持つ決定的な品質の機関銃を欠いていた。 ソ連ドイツ、米国、日本にはそれぞれ、UBMG131M2ホ103があった。 大戦後期にイタリアの航空機は、連合国戦闘機と同等の火力を得るために、ドイツのマウザーMG 151 機関砲を採用し始めた。マッキ M.C.205や、フィアット G.55や、レジアーネ Re.2005などの航空機は、カウルに取り付けられた2挺のブレダ-SAFAT機関銃に加えて、最大3挺のMG151を持っていた。第二次世界大戦時のイタリアの航空機の最後の世代はMG151だけで武装していた。

ブレダ-SAFAT機関銃は1935年の設計時点では適切だったが、1940年の基準では不十分だった。1941年に、フィアット CR.42フィアット G.50マッキ M.C.200マッキ M.C.202レジアーネ Re.2000は、まだ2挺のブレダ-SAFAT12.7mm機関銃しか持っておらず、時々、翼に2挺のブレダ-SAFAT7.7mm機関銃を取り付けた。これは1935年当時のCR.32sのものと等しい、明確に粗悪な装備だった。それにもかかわらず、何千挺ものブレダ-SAFAT機関銃が1930年代と1940年代に組立てられ、その期間のほとんど全てのイタリアの戦闘機と爆撃機に装備された。それらを装備していた全ての航空機が段階的に廃止されても、それらの高信頼の兵器の多くが、あるいは対空機関銃に改修されて、予備兵器として1970年代まで運用中のまま残されていた。イタリアの航空機で使用された最後の重機関銃はフィアット G.91RのブローニングM3だった。

ブレダSAFAT12.7mm機関銃とホ103[編集]

日本陸軍ホ103は米国のブローニングAN/M2(MG53-2)機関銃のコピーだが、弾薬は輸入したブレダ-SAFAT12.7mm機関銃の12.7mm×81弾規格を採用した。そのためホ103とブレダ-SAFATは弾薬の互換性があった。ホ103の弾薬が不足した際にはイタリアからブレダ-SAFATの弾薬を輸入したこともあった。ホ103に「マ弾」と呼ばれる榴弾が存在するのも、原型のブレダ-SAFATの弾薬に由来する。

日本陸軍は1938年にフィアット BR.20を輸入しイ式重爆撃機として採用したが、それに装備されていたブレダ-SAFAT12.7mm機関銃の弾薬が国産化されており、その既存の弾薬をホ103に流用したとする説もある。

関連項目[編集]

搭載機[編集]

戦闘機

爆撃機攻撃機