ブレガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯30度24分21秒 東経019度34分26秒 / 北緯30.40583度 東経19.57389度 / 30.40583; 19.57389

Marsa Bregaの位置
Marsa Brega
ブレガの位置
Marsa Brega
リビア
アルワハト県
人口
 - 計 7,000人
等時帯 UTC + 2

ブレガマルサブレガアル・ブライカマルサ・エル・ブレガとも)は、リビアの都市。人口7000人。シドラ湾に面し、地中海の南端に位置する。キレナイカ西端に位置し、アルワハト県に属する。

この町は、ギリシア人の都市計画者にして建築家であるコンスタンティノス・ドキシアディスの計画により、コンクリートのパーツによるプレハブ工法によって建設された[1]

ブレガ近郊は、第二次世界大戦中にドイツアフリカ軍団の戦闘の舞台となった。2000年1月13日、シルト石油会社がリースしていたショート360が13マイル先の海岸に墜落し、22人が死亡した。この事故の原因は、飛行機についていた着氷性の霧が溶け、エンジンを水浸しにしたことでおきた[2]2011年リビア騒乱においては反政府側が占領した[3]が、3月2日に政府側が空爆を行い反撃した[4] ものの、反政府側によって撃退された。

ブレガの主産業は、リビア国営石油会社の子会社であるシルト石油会社によっておこなわれる石油精製であり、同社の大製油所が存在する。この製油所は1960年代から70年代にかけてエッソと提携していたが、1980年代初期にエッソが撤退し、シルト石油会社が完全な運営権を手に入れた。内陸部のビルゼルデン油田より石油天然ガスのパイプラインが通じ、天然ガスの液化施設も備え、石油・天然ガスの輸出港としてもリビア最大である[5]

ブレガには空港があり、トリポリと毎日定期便が運行している。


脚注[編集]

  1. ^ Constantinos A. Doxiadis Archives” (2011年). 2011年3月2日閲覧。
  2. ^ Constantinos A. Doxiadis Archives” (2011年). 2011年3月2日閲覧。
  3. ^ Hundreds flee Libya as Obama orders sanctions”. This Just In. Cable News Network (2011年2月25日). 2011年3月2日閲覧。 “Protesters took control of the eastern Libyan city of Brega and its oil terminal Friday, according to an official who works at the communications department for the Port of Brega.”
  4. ^ Pfeiffer, Tom (2011年3月2日). “Rebels retake Libya town, may seek foreign role”. Rueters UK. 2011年3月2日閲覧。
  5. ^ ミリオーネ全世界事典 第10巻 アフリカⅠ(学習研究社、1980年11月)p173