ブレイン・ダメージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブレイン・ダメージ(Brain Damage,1977年12月14日 - 2012年10月18日)は、アメリカ合衆国出身のハードコアレスラー[1] 身長おおよそ193センチメートル、体重おおよそ123キログラム。本名マービン・ランバート(Marvin Lambert)[2] その経歴のほぼ全部を通してコンバット・ゾーン・レスリングIWAミッドサウスを主舞台に活動してきた。[3]

ブレイン・ダメージ 2008年

略歴[編集]

オハイオ州マンズフィールドに生まれ、2000年―22歳の時にプロレスラーとしてのデビューを行った。[1] この年にさっそくIWAミッドサウスキング・オブ・ザ・デスマッチ選手権大会(KOTDM)に出場し、ミスター・インサニティーことトビー・クラインを撃破。[4]

それからしばらくの空白期間を経て再びKOTDMに参加し始めた2005年にあっては、コンバット・ゾーン・レスリング(CZW)トーナメント・オブ・デス選手権大会(TOD)への初出場をも果たした。[5]

それからというもの2006年〜2007年と欠かさずこれらの大会に出場し、ネクロ・ブッチャーミッチ・ペイジトビー・クラインディレンジドドレイク・ヤンガーディスファンクションミッキー・ナックルズなどといった選手らを相手に歴戦。[6]

そうしたなかで2006年にあっては、ディレンジドと組んだうえで、イアン・ロッテンドレイク・ヤンガー組からIWAミッドサウスのタッグ王座を奪取。[7] 翌2007年にはドレイク・ヤンガーの保持下にあったCZWのウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座の奪取に挑戦し、有刺鉄線ガラスを用いた一戦を行った末に、これに勝利しこの王座を獲得。[8]

そして同年のうちに催されたTODの『ファスト・フォワード』という番外大会に参戦。ウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座が賭けられていたこの大会にあって、ダニー・ハボックJCベイリースコッティー・ヴォルテクズとともに行った決勝戦―200本の蛍光灯が乱舞したバトルロイヤル方式のデスマッチを制し、自身2度目のウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座の戴冠を果たすと同時に、遂にはTODの覇者の栄杯の獲得を果たす結果となった。[9]

この年にはIWAイーストコーストのデスマッチ選手権大会―マスターズ・オブ・ペインへの初出場をも行い、ネクロ・ブッチャーマッドマン・ポンドを破って決勝戦にまで進出するも、やがてはコーク・ヘインに下されそのまま敗退していった。[10]

2008年にはジョーカーDJハイドを下してCZWアイアンマン王座を2度にわたって獲得。[11] その翌2009年のTODはジョン・モクスリーを相手に一回戦目で敗退。[12] 同年に開かれた番外のTOD:リワインドにあっては、MASADAを相手に同じく一回戦目で敗退していった。[13]

2012年10月18日、死去[14]。自殺と見られている。34歳没。

戴冠歴[編集]

ウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座×2
アイアンマン王座×2
タッグ王座×1

出典[編集]