ブレイク・ミルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Blake Mills
基本情報
出生名 Blake Mills
ジャンル ロック
職業 シンガーソングライター
レーベル Record Collection
公式サイト www.blakemillsonline.com
著名使用楽器
ギター

ブレイク・ミルズ(Blake Mills、1986年9月21日 - )は、カリフォルニア州に拠点を置く、アメリカ合衆国のソングライター、ギタリストプロデューサー作曲家である[1]

経歴[編集]

ブレイク・ミルズは、1986年9月21日にカリフォルニア州サンタ・モニカに生まれた[2]。彼はマリブーで育ち、テイラー・ゴールドスミス(Taylor Goldsmith)とともにマリブー高校で学んだ。ミルズとゴールドスミスは、サイモン・ドーズ(Simon Dawes)というバンドを結成して音楽活動を始めた。サイモン・ドーズは、2005年に初のEP『誰も聞かないもの(What No One Hears) 』を発表、2006年9月に初のLP『肉食動物(Carnivore) 』をレコード・コレクション(Record Collection)より発表した[3][4]。   2007年にバンドが解散すると、ゴールドスミスと弟のグリフィン(Griffin Goldsmith)は、サイモン・ドーズのベーシストであったワイリー・ゲルバー(Wylie Gelber)を誘ってドーズ(Dawes)を結成。一方でミルズはジェニー・ルイス(Jenny Lewis)のツアーにギタリストとして同行した[5][6]。 さらに彼は、 バンド・オブ・ホーセズ(Band of Horses)[7]、キャス・マコームズ(Cass McCombs)[8]ジュリアン・カサブランカス(Julian Casablancas)[9][10]、ルシンダ・ウィリアムズ(Lucinda Williams)[11][12]などのツアーにも参加した。 ミルズは、コナー・オバースト(Conor Oberst)、キッド・ロック(Kid Rock)[13]ウィーザー(Weezer)、ザ・エイヴィット・ブラザーズ(The Avett Brothers)、パオロ・ヌティーニ(Paulo Nutini)[14]ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)、カーリーン・カーター(Carlene Carter)、ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)、ディクシー・チックス(Dixie Chicks)、ズッケロ(Zucchero)、ピンク(Pink)、ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)、デインジャーマウス(Dangermouse)などと、セッション・ミュージシャンとして共演している。

2010年にミルズは、初の単独作品LP『ブレイク・ミラーズ(Break Mirrors) 』を、レコード・コレクション(Record Collection)から発表した。『ブレイク・ミラーズ 』は、生産枚数が限られていたにもかかわらず、多くのウェブサイトや他の音楽家たちから、2010年最高のアルバムとして絶賛された[15][16]。  2011年には、ブレイク・ミルズの「恋人よ(Hey Lover)」「冬の歌(Wintersong)」を収録した両側A面の7インチ盤が、アナログ・エディション・レコーズ(Analog Edition Records)から発表された。

2012年中は、ジェスカ・フープのアルバム『ジャックの建てた家(The House that Jack Built) 』の共同プロデュース[17][18]、サラ・ワトキンス(Sara Watkins)のアルバム『真夜中の太陽(Sun Midnight Sun) 』のプロデュース[19][20]、 スカイ・フェレイラ(Sky Ferreira)の新作EP『ゴースト(Ghost)』に収録された「悲しい夢(Sad Dream)」[21]とそれに続くLP『私は大丈夫じゃない(I'm Not Alright) 』に収録された2曲の作曲・プロデュースなどの活動を行った。コンピレーション・アルバム『私が欲しいと言って:フリートウッド・マックに贈る(Just Tell Me That You Want Me: A Tribute to Fleetwood Mac) 』では、彼は「Oh Well」のプロデュースと演奏を、ビリー・ギボンズ(Billy Gibbons)とマット・スウィーニー(Matt Sweeney)とともに行なっている[22]。  ミルズは、フィオナ・アップル(Fiona Apple)の2012年北米ツアーでオープニング・アクトを担当し、ギタリストとしても参加した[23][24]

2008年後半に彼は、ザ・ベル・ブリゲイド(The Belle Brigade)のバーバラ・グルースカ(Barbara Gruska)の後ろでパーカッションを演奏していた、ダニエル・ハイム(Danielle Haim)に出会った。彼女はジェニー・ルイス(Jenny Lewis)のツアーにも同行したパーカッショニストであった。ふたりは恋愛関係に入り、2012年まで頻繁に共演することになる。ハイムの存在は、ミルズの初のシングル「恋人よ(Hey Lover)」にインスピレイションを与えており、彼女自身も後ろで歌っている[25]。 ジェニー・ルイスのツアーの後、彼らはジュリアン・カサブランカスのツアーに共に同行した。2011年には、ザ・ビートルズの「一緒においで(Come Together)」の彼らによるカバーが、ブラジルのネクステル社のコマーシャルで使用された[26]。ふたりはまた、ボブ・ディランの「ぼくの心(Heart of Mine)」をカバーしており、これはディランのトリビュート・レコード『自由の鐘(Chimes of Freedom) 』に収録された。ふたりは、ベーシストのテイラー・ゴールドスミス(ドーズ)とともに、ザ・コナン・オブライエン・ショーでもこの曲を演奏している。2012年にミルズとマット・スウィーニーは、ビリー・ギボンズ(Billy Gibbons)によるフリートウッド・マックのカバー作品「Oh Well」を共同プロデュースしており、『私が欲しいと言って:フリートウッド・マックに贈る(Just Tell Me That You Want Me: A Tribute to Fleetwood Mac) 』に収められているが、ここにダニエルのドラム演奏が収録されている。2012年5月のクレイグ・ファーガソンのザ・レイト・レイト・ショウ(The Late Late Show with Craig Ferguson)では、サラ・ワトキンス(Sarah Watkins)の演奏にふたりで参加している[27]。 2012年7月のハリウッド・パラディアム(Hollywood Palladium)でのフィオナ・アップルの公演でも、ミルズが担当したオープニング演奏でふたりが共演した[28]。 ダニエルはモルスク・サーフ・ショップ(Mollusk Surf Shop)でのミルズの演奏によく参加しており、一方でミルズはダニエルがふたりの姉妹と結成したバンドのハイム(Haim)とともに時折演奏していた。しかし、その後ふたりの関係は破局を迎えた。

モルスク・セッション[編集]

ブレイクは、時折カリフォルニア州ヴェニスにあるモルスク・サーフ・ショップで、完全招待制の音楽演奏会を催している。これまで、ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)、ビリー・ギボンズ(Billy Gibbons)、マット・スウィーニー(Matt Sweeney)、キャス・マコームズ(Cass McCombs)、ジェニー・ルイス(Jenny Lewis)、チャーリー・セクストン(Charlie Sexton)、ベンモント・テンチ(Benmont Tench)、デイヴ・ローリングズ(Dave Rawlings)、ヴァル・マッカラム(Val McCallum)、タル・ウィルケンフェルド(Tal Wilkenfeld)、マイク・アインズィガー&ハビエル・マス(Mike Einziger & Xavier Mas)などの音楽家たちとの共演が行なわれてきた。

ディスコグラフィー[編集]

単独作品[編集]

  • ブレイク・ミラーズ(Break Mirrors)』(2010)レコード・コレクション(Record Collection)

サイモン・ドーズ(Simon Dawes)[編集]

  • 『EP 誰も聞かないもの(What No One Hears EP) 』(2005)レコード・コレクション(Record Collection)
  • 肉食動物(Carnivore)』(2006)レコード・コレクション(Record Collection)

コンピレイション作品[編集]

  • 自由の鐘:アムネスティ・インターナショナル50周年記念ボブ・ディラン曲集(Chimes of Freedom: The Songs of Bob Dylan Honoring 50 Years of Amnesty International ) 』2枚目第4曲「ぼくの心(Heart of Mine)」(2012)アムネスティ・インターナショナル、配給フォンタナ(Fontana)

プロデューサーとしての作品[編集]

  • 共同プロデューサー:ジェスカ・フープ(Jesca Hoop)『ジャックが建てた家(The House That Jack Built) 』(2012)ベラ・ユニオン(Bella Union)
  • 共同プロデューサー:サラ・ワトキンス(Sara Watkins)『真夜中の太陽(Sun Midnight Sun) 』(2012)ノンサッチ・レコーズ(Nonesuch Records)
  • プロデューサー:スカイ・フェレイラ(Sky Ferreira)『ゴーストEP(Ghost EP)キャピトル・レコーズ(Capitol Records)
  • 共同プロデュースおよび「Oh Well」での演奏:『私が欲しいと言って:フリートウッド・マックに贈る(Just Tell Me That You Want Me: A Tribute to Fleetwood Mac)[22](2012)ヒア・ミュージック(Hear Music)

出典[編集]

  1. ^ http://www.ifc.com/fix/2012/06/exclusive-premiere-blake-mills
  2. ^ http://www.jambase.com/Artists/3869/Blake-Mills
  3. ^ http://www.latimes.com/entertainment/news/music/cl-wk-bands31aug31,0,6022767.story
  4. ^ http://www.prefixmag.com/reviews/simon-dawes/carnivore/15609/
  5. ^ http://en.wikipedia.org/wiki/Acid_Tongue
  6. ^ http://www.pastemagazine.com/blogs/ctrl-v/2008/10/benji-hughes-sings-the-blues-jenny-lewis-makes-us.html
  7. ^ http://www.theowlmag.com/features/exclusive-interview-blake-mills/
  8. ^ http://www.spin.com/gallery/mccombs-deer-tick-rock-la-benefit
  9. ^ http://www.spin.com/articles/strokes-julian-casablancas-debuts-solo-tunes
  10. ^ http://www.rollingstone.com/music/news/the-strokes-julian-casablancas-performs-solo-set-in-tokyo-20090903
  11. ^ http://www.voiceproject.org/index.php?id=145785506
  12. ^ http://www.fretboardjournal.com/podcast/fretboard-journal-podcast-38-blake-mills
  13. ^ http://www.billboard.com/articles/news/474218/kid-rock-the-billboard-cover-story
  14. ^ http://www.huffingtonpost.com/jesse-kornbluth/blake-mills-off-the-radar_b_1180699.html
  15. ^ http://www.everybodytaste.com/2010/12/best-albums-of-2010-15-1.html
  16. ^ http://www.willsheff.com/top-ten-experiences-with-music-in-the-last-year-a-half-2/
  17. ^ http://thequietus.com/articles/09158-jesca-hoop-interview-house-that-jack-built
  18. ^ http://www.audiophilesound.com/music/jesca_hoop.html
  19. ^ http://www.nonesuch.com/albums/sun-midnight-sun
  20. ^ http://sarawatkins.com/
  21. ^ http://en.wikipedia.org/wiki/Ghost_%28Sky_Ferreira_EP%29
  22. ^ a b http://www.rollingstone.com/music/news/song-premiere-billy-gibbons-and-co-oh-well-20120621
  23. ^ http://laist.com/2012/07/29/blake_mills_interview.php
  24. ^ http://www.fuse.tv/2012/07/need-to-know-fiona-apple-guitarist-blake-mills
  25. ^ http://www.oneradsong.com/2012/05/hey-lover-by-blake-mills.html
  26. ^ http://laist.com/2012/07/29/blake_mills_interview.php
  27. ^ http://www.youtube.com/watch?v=7wvyJTlsLQg
  28. ^ http://stereogum.com/1106941/fiona-apple-blake-mills-hollywood-palladium-hollywood-72912/concert/