ブルー・マックス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルー・マックス
The Blue Max
監督 ジョン・ギラーミン
脚本 デヴィッド・パーサル
ジャック・セドン
ジェラルド・ハンリー
原作 ジャック・D・ハンター
製作 クリスチャン・フェリー
製作総指揮 エルモ・ウィリアムズ
出演者 ジョージ・ペパード
ジェームズ・メイソン
ウルスラ・アンドレス
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ダグラス・スローカム
編集 マックス・ベネディクト
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 イギリスの旗 1966年6月30日
アメリカ合衆国の旗 1966年6月21日
日本の旗 1966年9月15日
上映時間 155分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $5,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$16,151,612[2]
テンプレートを表示

ブルー・マックス』(原題:The Blue Max)は、1966年制作のイギリス映画ジョン・ギラーミン監督。

第一次世界大戦中のドイツ空軍パイロットの活躍を描いた戦争映画

ブルー・マックスとは、プロイセン王国勲章である「プール・ル・メリット勲章」の英語での俗称である。

あらすじ[編集]

第一次世界大戦末期の1918年、庶民出身で元歩兵のドイツ軍のパイロット・ブルーノ・スタッヘル中尉は、軍人としての最高の栄誉ブルー・マックス勲章を狙って、戦闘機部隊に配属された。

貴族出身の同僚達に対抗意識を燃やすスタッヘルは、初出撃でリーダー機を失いつつも、英軍の戦闘機を撃墜するが、撃墜は確認されなかった。次の出撃でスタッヘルは、敵の偵察機を味方の基地に強制着陸させようとしたが、ひょんなことから、衆人環視でその偵察機を撃墜する。隊長は冷酷だと非難し、歩兵として戦場の冷酷さを認識しているスタッヘルとの対立が深まる。

しかし、ドイツ国内の厭戦気分に対して庶民出身の英雄を欲していたクルーガーマン伯爵の目論みで、スタッヘルは“撃墜王”としてドイツ国民の英雄に祭り上げられ、負傷しながらも「レッドバロン」ことリヒトホーフェン伯爵の窮地を救うなど、戦果をあげてゆくとともに、クルーガーマン伯爵夫人のカエティと不倫するなど、増長していった。

そんな中、ライバルのウィリーが大戦果をあげた後に墜落死してしまう。そして、何の確認もせずにウィリーの戦果を認める隊長の態度に反発したスタッヘルは、自分の戦果であると主張し、認めさせてしまう。

スタッヘルはいよいよ念願のブルー・マックス最高勲章を授与されることになったが…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
ブルーノ・スタッヘル中尉 ジョージ・ペパード 田中信夫 井上孝雄
クルーガーマン伯爵 ジェームズ・メイソン 久松保夫
カエティ伯爵夫人 ウルスラ・アンドレス 二階堂有希子 沢田敏子
ウィリー・フォン・クルーガーマン ジェレミー・ケンプ 羽佐間道夫 家弓家正
ハイデマン隊長 カール・ミヒャエル・フォーグラー 納谷悟朗
ホルバッハ アントン・ディフリング
ファビアン デレン・ネスビット 中田浩二
マンフレート・フォン・リヒトホーフェン男爵 カール・シェル

脚注[編集]

  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. ISBN 978-0-8108-4244-1., p. 254.
  2. ^ "The Blue Max, Box Office Information." The Numbers. Retrieved: 22 May 2012.

外部リンク[編集]