ブルー・イン・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルー・イン・グリーン
マイルス・デイヴィスの 楽曲
リリース 1959年8月17日
録音 1959年3月2日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ジャズ
時間 5分37秒
レーベル コロムビア
作曲者 マイルス・デイヴィスビル・エヴァンス
プロデュース テオ・マセロ
収録曲
  1. ソー・ホワット
  2. フレディ・フリーローダー
  3. 「ブルー・イン・グリーン」
  4. オール・ブルース
  5. フラメンコ・スケッチ

ブルー・イン・グリーン」(Blue in Green)は、マイルス・デイヴィス1959年アルバムカインド・オブ・ブルーの3番目のトラック。そのLP2つのバラッドの1つ[1]

概要[編集]

「ブルー・イン・グリーン」のメロディはとてもモーダル、そこにはドリアミクソリディアンリディアンモードの存在が組み込まれる。最初の節はナチュラル13(Gm13)が加えられたGマイナー・コード、そこにはFナチュラルが含まれるが、そのメロディのオープニングノートがFメジャースケール導音のEナチュラルであるため、その部分の様式は既に明瞭である。そのコードのナチュラル13はEナチュラルである。

そのLPとほとんどのジャズフェイクブックのクレジットがデイヴィスのみの作曲としているにもかかわらず、ピアニストのビル・エヴァンスが「ブルー・イン・グリーン」を作曲したと長らく推測されてきた[2]。彼の自伝の中で、デイヴィスは彼が1人でカインド・オブ・ブルー のこの曲を作曲したと言っている。エヴァンス・トリオのアルバム『ポートレイト・イン・ジャズ』のヴァージョンは、1959年に録音され、その曲に'デイヴィス-エヴァンス'とクレジットしている。アール・ジンダースは、ウィン・ヒンクルにより行われたインタビューの中で、「ブルー・イン・グリーン」は100%ビル・エヴァンスによる作曲であると言っている。[3] 1978年のラジオインタビューで、エヴァンスは彼が自分でこの曲を作曲したと言っている。[4]

チェット・ベイカーのアルバムチェット (以前はカインド・オブ・ブルー セッションズ)のための1958年12月または1959年1月に行われた録音で、ジャズ・スタンダード「アローン・トゥギャザー」のエヴァンスの序奏は彼の「ブルー・イン・グリーン」の演奏と直接的に比較される。[5]

ジャズフュージョン・ギタリストのリー・リトナーは彼の2005年のアルバム『Overtime』からこの曲をカヴァーした。[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ 他方は「フラメンコ・スケッチ
  2. ^ «Bill Evans - The Complete Riverside Recordings»付属のノートは、1984年に出版され、クレジットをエヴァンスとデイヴィス ((Davis-Evans) Jazz Horn Music/Warner-Tamerlane Publ. — BMI) 双方にしている
  3. ^ 1993年秋のエヴァンスからの手紙の発行物20ページ参照 (http://www2.selu.edu/orgs/34skid/html/23.pdf) そこでアール・ジンダースが言っている。"I know that it is [100-percent Bill's] because he wrote it over at my pad where I was staying in East Harlem, 5th floor walkup, and he stayed until 3 o'clock in the morning playing these six bars over and over."
  4. ^ http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=92185496 35m30s - インタビュアー (Marian McPartland) にその問題に関する質問をされて、エヴァンスは言っている。"The truth is I did [write the music]... I don't want to make a federal case out of it, the music exists, and Miles is getting the royalties"
  5. ^ http://www.amazon.com/Chet-20-Bit-Mastering-Baker/dp/B00004UENB
  6. ^ Overtime overview”. Allmusic.com. 2010年9月7日閲覧。
  7. ^ Overtime Lee Ritenour”. JazzTimes.com. 2010年9月7日閲覧。