ブルース・ブエノ・デ・メスキータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルース・ブエノ・デ・メスキータ(Bruce Bueno de Mesquita、1946年11月24日 - )は、アメリカ合衆国政治学者。アメリカ政治学界を代表する研究者の一人である。当初比較政治学者として出発したが、国際政治研究に早くから数理・計量手法を取り入れ、多くの成果をあげた。主要な業績に、期待効用理論による戦争研究、民主的平和論の数理的基礎付け、selectorate理論の提唱および関連データセットの構築など。

ニューヨーク市立大学クイーンズ校を卒業後、ミシガン大学で修士号と博士号を取得。ミシガン州立大学助教授、ロチェスター大学准教授・教授を経て、現在、スタンフォード大学フーヴァー研究所フェロー(1986年-)およびニューヨーク大学政治学部教授(2001年-)。

数多くの後進研究者を育てたことでも知られ、ロチェスター時代にジェームズ・モローアラスター・スミス、スタンフォード時代にジェームズ・フィアロンケネス・シュルツラリー・バーテルズといった錚々たる研究者を指導した。息子のイーサン・ブエノ・デ・メスキータも政治学者である。

なお、彼の名字は「メスキータ」でも「デ・メスキータ」でもなく、「ブエノ・デ・メスキータ」が正しい。口語では、BdMと略称することも多い。

著書[編集]

単著[編集]

  • Strategy, Risk and Personality in Coalition Politics: the Case of India, (Cambridge University Press, 1975).
  • The War Trap, (Yale University Press, 1981).
  • Principles of International Politics: People's Power, Preferences, and Perceptions, (CQ Press, 2000, 2nd ed., 2003, 3rd ed., 2006).
  • The Trial of Ebenezer Scrooge, (Ohio State University Press, 2001).
  • Predicting Politics, (Ohio State University Press, 2002).
  • The Predictioneer's Game: Using the Logic of Brazen Self-Interest to See and Shape the Future, Random House, 2009.
    • 『ゲーム理論で不幸な未来が変わる!―21世紀のノストラダムスがついに明かした破綻脱出プログラム』(田村源二訳、徳間書店、2010年)
  • Prediction: how to see and shape the future with game theory, Vintage, 2010.

共著[編集]

  • India's Political System, with Richard L. Park, (Prentice-Hall, 1979).
  • Forecasting Political Events: the Future of Hong Kong, with David Newman and Alvin Rabushka, (Yale University Press, 1985).
  • War and Reason: Domestic and International Imperatives, with David Lalman, (Yale University Press, 1992).
  • North Korean Economic Reform and Political Stability, with Jongryn Mo, (Hoover Institution on War, Revolution, and Peace, Stanford University, 1996).
  • Red Flag over Hong Kong, with David Newman and Alvin Rabushka, (Chatham House Publishers, 1996).
  • The Logic of Political Survival, with Alastair Smith, Randolph M. Siverson and James D. Morrow, (MIT Press, 2003).
  • The dictator's handbook: why bad behavior is almost always good politics, Bruce Bueno de Mesquita and Alastair Smith, PublicAffairs, 2011.
『独裁者のためのハンドブック』、四本健二浅野宜之訳、亜紀書房、2013年

共編著[編集]

  • European Community Decision Making: Models, Applications, and Comparisons, co-edited with Frans N. Stokman, (Yale University Press, 1994).
  • Governing for Prosperity, co-edited with Hilton L. Root, (Yale University Press, 2000).